自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

ノンフィクション・評論
CATEGORY
アッ!とおどろく宇宙論 文明はどこに行こうとしているのか

アッ!とおどろく宇宙論 文明はどこに行こうとしているのか

一休ス兵衛
ISBN: 9784434239861 / 2018年1月発売 / 1296 円(税込)

プロの物理学者が思わず天を仰いで絶句する…前代未聞のサイエンスファンタジー!宇宙論・物理学に留まらず、生命論・文明論・戦争論へと拡がる思考。力作SFコメディ“世界最終戦争”も収録。
SSTモデルとは/SSTモデルは4つの力の概念を革新する/ほか

月を掴み太陽も掴もう―サン画廊キム・チャンシルの人生と芸術に捧げる愛

月を掴み太陽も掴もう―サン画廊キム・チャンシルの人生と芸術に捧げる愛

キム・チャンシル 著 中川洋子 訳
ISBN: 9784434239199 / 2017年12月発売 / 1620 円(税込)

韓国の文化発展のために尽くした女性画廊主キム・チャンシル。美術誌に発表された記事をまとめて韓国で出版された書籍を翻訳。朝鮮動乱で九死に一生を得る経験を何度もして、生き残った命。自分と向き合いながらまっすぐに生きた彼女が残した言葉の数々。

愛おしいノラ猫ちゃん

愛おしいノラ猫ちゃん

佐藤真紀子
ISBN: 9784434240256 / 2017年12月発売 / 864 円(税込)

1 ノラ猫ちゃんたちの現状/2 ピュアちゃん/3 シャムちゃん/4 おとちゃん/5 幸ちゃん/6 ノラ猫ちゃんへの思い

新しい文明の話 ―人類が22世紀にも存続し続けているために―

新しい文明の話 ―人類が22世紀にも存続し続けているために―

横地義正
ISBN: 9784434240171 / 2017年12月発売 / 500 円(税込)

Prologue/地球の生命史/人類の文明と未曽有の環境変化/環境問題とは何か/19世紀20世紀型の文明は行き詰まった/次のフィールド/新しい文明/地球生命のフロンティア/イヌワシの眼とアリの足

ある言語学者の回顧録―七十蝓矩―

ある言語学者の回顧録―七十蝓矩―

崎山 理
ISBN: 9784434237324 / 2017年11月発売 / 1404 円(税込)

言語のない人間文化はあり得ない。文化から切り離した言語も考えられない。言語学の第一人者による留学記、講演、追悼文、対談等を収めたエッセイ集。

心に残る名画―あの人この場面―

心に残る名画―あの人この場面―

菅野拓也
ISBN: 9784434239625 / 2017年11月発売 / 2160 円(税込)

映画の魅力、女優の美しさ、存在感ある人物の素顔、さらには、身近な動物たちの知られざる生態、食にまつわる思い出…。画家、詩人、教師、新聞記者という多彩な顔を持つ著者が、月刊誌『東京消防』に1983年から2005年にかけて連載した珠玉のエッセイ集。

日本三百名山に立つ 全登頂記録と旅のエピソード

日本三百名山に立つ 全登頂記録と旅のエピソード

日野修道
ISBN: 9784434238956 / 2017年11月発売 / 2160 円(税込)

楽しい思い出と苦い経験が未だ見ぬ山への思いとなる。「六甲山」のふもと神戸で育った少年は、大学時代に登った九州「高千穂峰」の雄大な景色に魅了された。あれから50年。300の山の頂を目指し、一山一山をコツコツと登り続けた男の足跡。

名をなさぬ幸せ―リアル介護のフォトレポート・思い出あれこれ

名をなさぬ幸せ―リアル介護のフォトレポート・思い出あれこれ

武田勝利
ISBN: 9784434237348 / 2017年10月発売 / 1080 円(税込)

ラーメン屋のおっちゃん/山上憶良作「貧窮問答歌」立花雁江筆/苦寿屋/移住斡旋所/李朝染付秋草文瓢形面取徳利/本物か?/料理に手を抜かない/グレース・ケリー王妃のリエット/咲き初めて/糸賀一雄氏監修療育記録映画「この子らを世の光に」〔ほか〕

自己保身の警察ワールド―巡査から警察庁長官を超えて 司法制度から日本国憲法まで

自己保身の警察ワールド―巡査から警察庁長官を超えて 司法制度から日本国憲法まで

宇野博幸
ISBN: 9784434237522 / 2017年9月発売 / 1620 円(税込)

自己保身ゆえ誰も気付かない、気付けない、気付こうともしない。たとえ気付いたとしても言わない、言えない、言おうともしない。でも、人として当たり前の話―。40年以上、街頭犯罪と戦った元サムライ警察官の激白メッセージ!

座右の秀雄

座右の秀雄

鷲﨑能弘
ISBN: 9784434237515 / 2017年9月発売 / 1620 円(税込)

『本居宣長』の“謎解き”を主軸に、この畢生の大著へと至る波乱に満ちた思想劇の紆余曲折を描き、全く新しい“軋轢型”の小林秀雄像を提示した画期的な論考。

ページTOPへ