自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

ノンフィクション・評論
CATEGORY
開運へのパスポートⅢ

開運へのパスポートⅢ

加藤大景
ISBN: 9784434209383 / 2015年9月発売 / 2160 円(税込)

門松は冥土の旅の一里塚/節分と豆の関係は?/輝く未来に!/ボケ封じのために/家庭からすべては生まれる/サンショの葉っぱ/とらわれのない人生/生前戒名のすすめ/何事も、正面、側面そして裏面あり/諸行無常、己を活かせ〔ほか〕

世界一周船の旅 第72回ピースボート

世界一周船の旅 第72回ピースボート

青木 忠
ISBN: 9784434209987 / 2015年8月発売 / 1296 円(税込)

憧れだった大型船クルーズに夫婦で参加した70代の著者。船室の様子や船内での過ごし方、18の寄港地で経験した出来事などを紹介しながら充実した86日間の船旅を振り返る。

「美しさ」を探求する 古い街並はなぜ美しく感じるのか

「美しさ」を探求する 古い街並はなぜ美しく感じるのか

中嶋尚志
ISBN: 9784434209390 / 2015年8月発売 / 1080 円(税込)

美しい日本を残したい!「美しい」と感じる心とは何だろう?多くの異邦人が讃美した日本・日本人とは。都市化社会は住みよいですか?「美」は脳と心と手によって再生されてきた。

人を待つ神

人を待つ神

神川栄三郎
ISBN: 9784434208263 / 2015年7月発売 / 756 円(税込)

人を待つ神/信仰による救い/生けるパン/キリストのへりくだりによる救い/道/人の身代わりになって/神と人との仲介者/神の愛/救いの門/よみがえりといのち/平和の主/世の光/人の罪を取り除く/キリストの十字架の意味/一人も滅びないように

松本清張「明治」の発掘 その推理と史眼

松本清張「明治」の発掘 その推理と史眼

牧 俊太郎
ISBN: 9784434208164 / 2015年7月発売 / 1512 円(税込)

1000余の清張作品に、明治を通史的に描いたものはない。本書は、一連の明治ものを読み、松本清張の「明治」認識をたどる初の試みである。そこに、史料・時代・人間を鋭く見抜く、清張の「推理眼」「史眼」を見る。

凍える大地 シベリア抑留の日々

凍える大地 シベリア抑留の日々

上野邦彦
ISBN: 9784434206290 / 2015年6月発売 / 1296 円(税込)

極寒の異国での想像を絶する抑留生活、言葉に尽くせぬ凄惨な戦争の光景。体験者にしか語れない貴重な記録。“戦争を知らぬ世代”への警告の書。

生きもの賛歌

生きもの賛歌

上野邦彦
ISBN: 9784434205958 / 2015年5月発売 / 1080 円(税込)

広島の里山で子どもたちと一緒に生きものの生態を観察する活動を続けてきた著者の、「優しいまなざし」は、彼が綴った記録と彼に出会った沢山の人たちの心に今も確かに残っている。

ああ、日本人

ああ、日本人

酒井良二
ISBN: 9784434206030 / 2015年5月発売 / 1296 円(税込)

桜・和紙・歌舞伎で知られる愛知県豊田市小原地区。この山間に暮らす70代の著者が「田舎の役割」や「老人の日常」「若者への期待」などを交えて、日本人の素晴らしさを語るエッセイ。

誰でもすぐ入居できる国営老人村構想

誰でもすぐ入居できる国営老人村構想

杉本尚司
ISBN: 9784434206160 / 2015年5月発売 / 540 円(税込)

第1章 自由死公認の国営老人村を提案する/第2章 うまく老い、安らかな死を迎えるための要件/第3章 社会保障費削減への一つの試み案/第4章 社会保障制度改革国民会議と私見/第5章 「死に方」についての考察

松江・吉田商店

松江・吉田商店

吉田 彰
ISBN: 9784434205989 / 2015年5月発売 / 756 円(税込)

昭和30年代半ば、松江に小さな万屋が開店した。昭和から平成へ、少年から壮年へ。十代で松江を出て、数十年を経て松江に帰還した自身の波乱に富んだ半生を描くエッセイ。

ページTOPへ