自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

文芸(小説・詩・エッセイ)
CATEGORY
建立 橋口等全句集

建立 橋口等全句集

橋口 等
ISBN: 9784434239519 / 2017年11月発売 / 1620 円(税込)

既刊第一句集『透明部落』(1991年黙遥社刊)、既刊第二句集『こすもすろごす』(2001年青木印刷刊)に、新たに、未刊の、第三句集『徳魂』、第四句集『鶴恋暮』、第五句集『宇宙遊弋』を加え、『建立ー橋口等全句集』とした。

詩集 歌声は幸せを残すだろう

詩集 歌声は幸せを残すだろう

藍りんこ
ISBN: 9784434239533 / 2017年11月発売 / 700 円(税込)

雪の結晶が生まれる音、星々の擦れあう音、ラベルのピアノ曲…。明るく透明感のある音楽を思わせる詩篇は、読者に若々しい希望と勇気をもたらすだろう。

詩集 あたかもそこに永遠の安らぎがあるかのように

詩集 あたかもそこに永遠の安らぎがあるかのように

平木 惣二
ISBN: 9784434238819 / 2017年10月発売 / 1080 円(税込)

永遠の魂、窓辺の風景、時の寝台…。ふわりと浮いた思いの欠片が静かな風の言葉となり、誰かの頬にそっと触れる日を待つ。日陰で生きる者たちへの愛を謳った第二詩集。

だじゃれ博士のおしゃれな話

だじゃれ博士のおしゃれな話

松本佳雅理
ISBN: 9784434238338 / 2017年10月発売 / 1080 円(税込)

もの知りでだじゃれ好きの博士と明るくチャーミングな助手ちーちゃんのおもしろい会話集。
1(元旦/七草粥 ほか)/2(胡蝶蘭/梅雨 ほか)/3(台風/エコバッグのすすめ ほか)/4(おもしろい話/星座うらない ほか)/5(日本昔話検証~ももたろう/日本昔話検証~浦島太郎 ほか)

鈍行列車にのりかえて〈三両目〉

鈍行列車にのりかえて〈三両目〉

辻井輝行
ISBN: 9784434237751 / 2017年9月発売 / 1080 円(税込)

1 幸せについて思う/2 私の人間観やはり謙虚が大切/3 時の流れからの発見/4 私も試行錯誤を続けています/5 つらくても、つらくない/6 優しさは際限なく/7 心を広く視野を広く/8 時には歩いて眺めてみるのもよし/9 道をひらく/10 旅立ちに寄せて/11 いつでも夢を

老人になったとき、語るべきものを持っているか―シニア世代の学習帳

老人になったとき、語るべきものを持っているか―シニア世代の学習帳

大深俊明
ISBN: 9784434237768 / 2017年9月発売 / 864 円(税込)

日々の人間模様の中に隠された「大切なもの」とは何か。山陽新聞の人気コラム「芦田川」に掲載された話を中心に、生きるヒントとなる55の話を収録。福祉教育に携わってきた著者が還暦を過ぎた今、語るべきものを投げかける。

大正の女 タカ子―教師として、画家として、母として激動の時代を生きた女性の人生

大正の女 タカ子―教師として、画家として、母として激動の時代を生きた女性の人生

松久タカ子
ISBN: 9784434232787 / 2017年9月発売 / 1296 円(税込)

戦争の時代に生きた一人の女性の祈りと願い。大正、昭和、平成…教師を経て、五十二歳から絵筆を持ち、画家としても活動した波乱万丈の人生。

この世に生きて 静枝ものがたり

この世に生きて 静枝ものがたり

今西 薫
ISBN: 9784865842463 / 2017年7月発売 / 1706 円(税込)

著者の母、今西静枝が生前に記した自分史「藪かげの道 女教師の足あと」とエピソード集「竹の里を歩み来て」をもとに描かれた、戦前の女性の成長物語、小学校教師の生き様。

小説 東照宮

小説 東照宮

栁 光人
ISBN: 9784434235290 / 2017年7月発売 / 1620 円(税込)

怪僧南光坊天海。その謎の正体と恐るべき野望とは。「東照宮」に秘められた願いが、今解き明かされる…。圧倒的スケールで描く戦国伝奇ロマン!

頭が良くなる言葉遊び―回文句集

頭が良くなる言葉遊び―回文句集

小渕哲夫
ISBN: 9784434235405 / 2017年6月発売 / 756 円(税込)

老いも若きも―作って楽しむ。読んで楽しむ。傑作、快作、驚作、奇作、苦作…5百余句!!

ページTOPへ