自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

文芸(小説・詩・エッセイ)
CATEGORY
心をつなぐ童話集

心をつなぐ童話集

今西 薫
ISBN: 9784434221316 / 2016年6月発売 / 1296 円(税込)

現代イギリス・アイルランド演劇研究者による、子どもから大人まで幅広い読者に感動を呼ぶ、味わい深い童話集。

小説愚禿親鸞

小説愚禿親鸞

飛鳥涼子
ISBN: 9784434219023 / 2016年5月発売 / 1728 円(税込)

禁を冒して結婚し迫害を受けた聖人、親鸞の深い内省と果敢な生き様を豊富な知識と想像力を駆使して描く人間賛歌。

万葉残響

万葉残響

碓井信二
ISBN: 9784434219597 / 2016年5月発売 / 1296 円(税込)

筆者はこの万葉集からの「本歌取り」の試みで、失われたものへの痛切な祈りにも似た響きを伝えんとする。

二人の流人

二人の流人

竹山和昭
ISBN: 9784434219375 / 2016年5月発売 / 1080 円(税込)

大塩平八郎の乱に連座した河内の富農、西村履三郎の二人の息子、常太郎と謙三郎。元服後、父の罪を負い、隠岐と五島に配流される。共に過酷な運命の下、たくましく生き抜き、謙三郎は大坂から密かに訪ねてきた母と17年ぶりの再会を果たす…史実に基づく感動の歴史小説。

ちょっと不思議な「夢」がたり

ちょっと不思議な「夢」がたり

岡野文寿
ISBN: 9784434217616 / 2016年4月発売 / 1400 円(税込)

あなたの大切な人をそおっと思い浮かべてみてください。むかしむかしの美しいお姫様や記憶をなくした少女と心優しいおばあさん、とってもかわいいわんちゃん達がちょっと不思議で優しい世界へ導いてくれる心に染み入る大人の為の童話集。

任侠忠臣蔵 おとこにて候

任侠忠臣蔵 おとこにて候

伊吹 昭
ISBN: 9784434219016 / 2016年4月発売 / 1200 円(税込)

太平の世を揺るがした赤穂事件。それ以前と以後で時代は変わった!元禄期の江戸、大坂、美作、播磨を舞台に、堀部安兵衛、寺坂吉右衛門、天野屋利平、大石内蔵助ら赤穂ゆかりの人間群像を通し時代を超えて活き続ける、人間の真実の姿を描く―赤穂浪士外伝―

ジャンと食堂

ジャンと食堂

光廣静枝
ISBN: 9784434218088 / 2016年3月発売 / 1000 円(税込)

1年前に夫を亡くした照子は、賑やかな仲間達と一緒に彼が残した和歌山競輪場の食堂を守ろうと丁寧に日々を重ねる。
競輪場選手食堂を舞台にした珠玉の作品。

詩集 素晴らしき終焉

詩集 素晴らしき終焉

岩佐てい子
ISBN: 9784434217227 / 2016年2月発売 / 1080 円(税込)

日々の生活で感じる人生の寂しさと喜び。生きものとの心の会話、今はなき人の想い出…傘寿を前にした著者が贈る、人生の厚みを感じる詩の数々。

ヒノイチ! 真田幸村忍群伝

ヒノイチ! 真田幸村忍群伝

三日木 人
ISBN: 9784434216503 / 2016年2月発売 / 1836 円(税込)

かくも切なく、哀しく、力強い物語があったであろうかー!!“柔靱な強さ”と“時節を待つ力”を秘めたかつてない真田幸村像を描き出した筆者渾身の感動作。

続 四季のふるさと語り

続 四季のふるさと語り

畔柳こずえ
ISBN: 9784434216497 / 2016年2月発売 / 1188 円(税込)

時は移り、人は去り、そして思い出さえも消えてしまう…だから、日々のあたりまえの暮らし、ささやかな幸せを閉じ込めた幸福の千字文、『四季のふるさと語り』から3年半。待望の続編誕生ー

ページTOPへ