自費出版の風詠社 HOME → コラム → これから自費出版するための出版社を大阪で探そう

これから自費出版するための出版社を大阪で探そう

問い合わせをすることが重要。



自分で文章を書くのが好きで書きためている人は、いつかは自分の著書を残してみたいと思うものです。このようなことを考える人は、日頃から小説を書くのが好きなごく一部の人であると思われがちですが、意外とこのような自著を作成することにつながる趣味というのはあるものです。小説だけでなく、詩や俳句、短歌も立派な本に仕上げることができますし、画集や写真集といったものも一冊の作品に仕上げることができます。また、最近では旅行記も流行をしており、自分の旅の記録や絶景の記録をまとめて出版するという人もいます。他にも自分の人生の歩みや起業した人ならば、会社を興して軌道に乗るまでの様子を記録したものを残したり、会社の周年記念の記念誌を作成したりと、意外と自分にとっても自費出版や執筆作業というのは身近であることもあるのです。

軽くでも興味を持ったり、自分で本を作ってみたりしたいと思えば出版社に問い合わせて実際に書籍化するとなるとどのくらいの費用がかかるのかというのを知ることもできます。自費出版と聞くと、原稿が出来上がった状態のものを出版社に持ち込んで依頼するイメージが持たれがちです。しかし、このようなものは自費での出版よりは出版社の作品として出版をしてもらうケースの場合です。自費出版であっても、もちろんすでに原稿が上がっていれば相談も具体的なものにできますが、ある程度作品の内容や装丁といったものがイメージできていれば、それを元に見積もりを作成することができます。また、アイデアはあるけれども、自分だけで本になるまでの工程をこなせるか不安。という時には、ライターの人に協力してもらって作成をするということもできます。ですから、少しでも興味を持ったら、まずは問い合わせを行うことが重要なのです。



出版の種類



これから自分で本を作ろうかと思っている人は、そもそもの自費出版という言葉の意味が正確に理解できているのか確認する必要があります。昔は、商業出版のような書店への流通を目的としない出版のことであると認識されていました。そのため、自分の記念のために著書を印刷して、周囲の人や会社の従業員へ配布するようなことを指していました。しかし、近年では著者が費用の一部を負担して本を作成するという認識に変わりつつあります。これは、書店への流通も行われるようになっているということを意味します。そのため、自分の作成した本が世間で販売されたり、本屋に並んだりということも不可能ではないのです。

本の出版形式には3つあります。自費出版というのは、個人出版とも言われることがあり、費用の全てを自分で負担して執筆から編集、デザインといった全ての作業に深く関わって本を作成していく方式です。これに対して、商業出版というのは、有名な作家の本が流通する方法で、出版社が費用を全て負担して出版します。作家には原稿料が支払われ、作家自身は執筆以外の仕事、関わらなくても本が仕上がり流通をしていきます。そして、このふたつの間に位置するのが共同出版です。出版にあたっての費用の一部を、著者が負担する代わり、書店への流通については出版社が行ってくれます。一般的には、初版分の費用を著者が負担するというものが多いと言われています。しかし、増版されることになれば印税が入ってきたり、次の著書の話が舞い込んできたりするので、一般人が書籍を作成する際には、この共同出版になることが理想的とも言われています。



出版社選びのポイント



大阪で実際に自費出版をしたいと思ったら、出版社を探す必要があります。自費出版のサポート企業として、できるだけ人気の会社を選びたいところですが、これから自分で本を作りたいと思っている人は、どんなポイントに気を付けて選べばよいのかご紹介します。

まず外せないポイントは、見積もりが依頼できるということです。すでに原稿が出来上がっている場合には、その原稿を送れば担当者が読んでくれ、なおかつ見積もりを出してもらうこともできるとなお良いでしょう。これを元に自分の本を書籍化して流通させるのか、はたまた練り直してより多くの人の手に取ってもらえるようなものにして、再度書籍化を検討するのかを選ぶこともできます。

地方に住んでいて大阪まで出てくるのが大変という場合は、インターネットでの見積もり依頼ができるところなら、気軽に頼めるでしょう。そのあとの書籍化についても、メールでのやりとりをしながら対応をしてもらい作成ができます。会社によっては、基本はメールでのやりとりでも、必要に応じて会社で対面して相談に乗ってもらうことも可能です。もちろん費用や時間の都合で、大阪まで出向くのが難しい時には、メールやテレビ電話で丁寧に対応してもらうことができます。

次に、作品に応じて負担額を下げてもらえたり、印税の率を高くしてもらえたりできるかどうかを確認しましょう。自費出版に積極的な企業であれば、低コストでの出版に協力的で他社に比べてリーズナブルな出版が実現できます。予算や納期についても柔軟に対応をしてもらうことができますし、最近の主流になりつつある電子書籍での出版に対応しているところなら、より多くの人に読んでもらうチャンスが増えます。

次の記事へ
ページTOPへ