自費出版の風詠社 HOME → コラム → 予算の範囲内の安い自費出版を考えてみましょう

予算の範囲内の安い自費出版を考えてみましょう

自費出版の予算を決めよう


自費出版がちょっとしたブームになっています。文章を書くことが好きな人ならば、一度は考えることかもしれません。自分が書いたものが本になるなど夢のような話ですが、実現できるならば人生の中で一度くらいはと思うことはあるでしょう。ただ、そこでネックになるのは予算です。自費で出版となれば、お金の掛かることですから、二の足を踏んでしまうのは無理もないことです。まして、この世の中ですから、自身の夢とはいえ、一気に大金を使ってしまうことに躊躇するのは当然です。
とはいっても、書き溜めたものを何かの形で発表したいと思うお気持ちも、よくわかります。そこでご提案ですが、自費出版の予算を決めてみましょう。このくらいならば、無理なく出せるという予算は、人それぞれおありだと思いますので、その予算を出版社に提示してみるのです。その気持ちを汲んでくれる出版社はありますので、ネットで検索、すでに自費出版をしたことのある知人に聞くなどして探してみましょう。このような出版を手掛ける会社の中に、予算内での出版をお手伝い、というところもあります。そのような出版社を見つけて相談してみるのが一番良いでしょう。
良心的な出版社は、お客様の話をよく聞いて、希望を叶える努力をしてくれるはずです。安い予算で恥ずかしいと思う事はありません。安い予算での自費出版を会社の売りにしている出版社もあるのです。そのような出版社は新聞広告などを出さず、自費出版専門に取り組んでいますから、何よりお客様第一を考えてくれますので、出版をしたいという夢をお持ちの方の味方です。そのような出版社に皆様の夢を委ねてみましょう。思い切って、ご自身の本の出版を考えてみませんか。

安い予算を出版社と相談


安い予算での自費出版を考えてみましょう。安い予算での出版をお手伝いしてくれる出版社に、ご希望の予算を伝え、この予算でこの冊数を出版したいと具体的な数字を言いましょう。このような具体的なやり取りがご希望の予算での出版を可能にします。出版社はこのような出版を手掛けることには慣れていますから、具体的なことを伝えた方が動きやすいのです。その安い予算での出版に必要なノウハウ、予算を抑える工夫などを教えてくれるでしょう。
わからないこと、不安なことは正直に伝えると良いです。そのような出版社はお客様の味方となり、ありとあらゆるアドバイスで不安を払拭してくれることでしょう。信じて当たってみることも大事です。もし、本屋さんやネットショップに置いて本が売れた場合の著者への還付金についてもよく聞いてみると良いですね。還元金は著者の収入になりますから、大事なことです。それには良いものを書かなければいけませんから、予算について、だけでなく、本の中身についても出版社のアドバイスを頂きましょう。出版社は売れる本作りのプロですから、より良いアドバイスをしてくれるはずです。そのアドバイスは最終的には著者に還付金という形で返ってきますから、素直に聞き、修正すべき点は修正することをお勧め致します。
このように、お客様の希望第一の自費出版を売りにしている出版社に頼むと、予算内での安価な自費出版が出来るわけです。予算内で出版ができ、かつ還元率も良いものであれば、この上なく嬉しいことでしょう。出版社と二人三脚で、良い本を出版して下さい。

信頼できる出版社とは


信頼できる出版社とは、どのような会社でしょうか。自費出版をお考えの皆様は、信頼できる出版社をお望みではないでしょうか。何と言っても、ご自身で書かれた作品を委ねるのですから、我が子を嫁に出すようなものです。それに費用も掛かりますから、信頼できるような会社でないと任せることはできないとお考えになるのは無理もないことです。
皆様は出版社にどのようなことをお求めになりますか?例えば、希望を聞いてくれる、本の内容に関して的確なアドバイスをくれる、売れる本づくりをしてくれる、低価格での出版を考えてくれる等々、人それぞれにいくつか、おありになるでしょう。その希望の中で、どうしても譲れないものを一つ決め、それを叶えてくれるような出版社を探しましょう。例えば、「予算内の出版を約束してくれるところ」と思ったら、低価格を叶えてくれそうな会社を探します。その際、ホームページのトップを見ますとその会社で力を入れていることがかかれていますので、お分かりになるかと思いますから、低価格の出版を挙げているところを探してみましょう。
そして、実際に会って話してみて、その出版社の社員との相性を考えることが大事です。感性豊かな皆様はここで何かを感じ取られるかと思います。そこで、「いけるかも。」と思えば、皆様にとって良い出版社となるかもしれません。「無理。」と思えば、他をあたりましょう。このようにして、信頼できる出版社を探し、素敵な本を出版して下さい。

次の記事へ
ページTOPへ