自費出版の風詠社 HOME → コラム → 企画出版のメリットや出版社の選び方のコツ

企画出版のメリットや出版社の選び方のコツ

企画出版のメリットとは!?



本が売れない時代と言われている現代ですが、それでも数多くの出版社があり、インターネット上においてもホームページなどを公開しているところが多くなっているので、幅広い方が利用できるようになっています。出版を検討されている方の中には出版の仕方の種類を知らない方もいるでしょう。基本的に出版の仕方は大まかに分けて3種類あります。それは企画出版、自費出版、共同出版です。それぞれの出版方法にメリットがありますが、文字を書くことが好きな方の中には企画出版という出版方法で、自分の本を世の中の方に読んでほしいと思われている方もいるのではないでしょうか。

企画出版の最大のメリットは自分の貯金からお金を捻出しなくても出版をすることができる点が挙げられます。基本的に自費出版の場合は自分の意見を自由に本に書き、出版できる代わりに費用に関しては自分で捻出しなければなりません。そのため、貯金が少ない方は製本して出版すると負担が大きくなることもあるでしょう。企画出版においては出版社の方に選んでいただく必要がありますが、会社の企画で本を出版してくれるため、費用を出すことなく世の中の方に本を知ってもらうことができます。

さらに自分の知名度も上昇する可能性があります。自費出版でも同様のことが言えますが、実際に著者として本を出版することになるため、自分の知名度を高めることが可能でしょう。もし専門的な知識を公表するために執筆をして本を出版する方であれば、その本を手に取った方がアドバイスをしてほしいと頼まれることもあります。そのため、今後のビジネスにも大きな影響を及ぼすこともあるのです。企画出版は出版社にもよりますが、業者が積極的に宣伝をしてくれる点もメリットとなるでしょう。積極的に宣伝をすることによって売り上げの一部の印税を得やすくなります。また、宣伝することで多くの方に知ってもらうことができるので、本の内容によっては雑誌で取り上げられたり、ラジオで紹介される可能性も高くなるでしょう。

このように多くのメリットがあるので、出版を検討されている方は一度業者に審査をしてもらい企画出版をして多くの方に自分の本を読んでもらってみてはいかがでしょうか。



企画出版や自費出版される方のための出版社の選び方のコツとは!?



先ほども述べたように、企画出版や自費出版を受け付けている業者は多くあります。出版を検討されている方の中には、その中からどの出版社を選択すれば良いのか、判断基準に悩んでいるという方もいらっしゃることでしょう。選び方にはコツがあるので、コツを参考にして選択されてみてはいかがでしょうか。

選び方のコツとして挙げられるのが自費出版でも低コストな価格でサービスを提供してくれるかどうかです。出版社の中には幅広い方が出版できるように低コストな価格で出版におけるお手伝いをしてくれます。また、販売売り上げが見込める本に関しては著者の負担が少ない企画出版で本を出版することができるので、予算に余裕がない方でも出版をすることができる可能性があります。

本を出版して本を売ることができれば売り上げ還付金が発生します。売り上げ還付金は売り上げの一部を著者が報酬として受け取れるお金になります。出版を検討されている方の中にはなるべく売り上げ還付金が高いところにお願いをしたいと思われている方もいるのではないでしょうか。売り上げ還付金は当然ではありますが出版社によって異なります。出版社の中にはなるべく著者の収入が増えるように売り上げ還付金を高率に設定してくれるところもあるのでそのような出版社に依頼をすると収入アップを見込むことができるでしょう。しかし、売り上げがなければ当然ではありますが売り上げ還付金は発生しないので、出版社だけでなく多くの収入を得るためには売り上げた本の冊数も重要になるでしょう。

現在ではスマートフォンやタブレットが普及しています。電子書籍として本を出版したいと思われている方もいるのではないでしょうか。現在では多くの出版社が低価格で電子書籍出版のお手伝いをしてくれます。電子書籍出版のコツとしては多くのマーケットで本を販売してくれるかどうかです。複数のサイトで本を販売することができれば多くの方に見てもらえる可能性が増えるのでたくさんのサイトに登録してくれる出版社を選択しましょう。



見積もり依頼をしよう!



多くの出版社ではホームページから見積もり依頼を受け付けてくれます。スマートフォンやパソコン、タブレットからアクセスして見積もり依頼をすることができるので、出版社に足を運ぶことなく価格を聞くことができます。

見積もりを依頼する際には必要事項を記入しましょう。例えば本のジャンルや書店流通などです。本のジャンルに関しては著者によって異なります。例えば小説や詩、社史などです。自分が書いた本のジャンルを選択するようにしましょう。書店の流通に関しても著者によって異なりますが、本を販売して売り上げ還付金を得たいと考えている方は、本を流通させたり電子書籍として販売するのが一般的になります。

次の記事へ
ページTOPへ