自費出版の風詠社 HOME → コラム → 写真集を自費出版しよう

写真集を自費出版しよう

自費出版で出版を実現しよう



自費出版という言葉を聞いたことがあるという方は少なくないでしょう。自費出版とは、自分で書いた書籍や写真集を自費で出版して多くの人に知ってもらうことです。商業出版と比較されることもあります。商業出版は費用を自分で捻出する必要がありませんが、自分で書いた本をそのまま世の中に出せるケースは少なく、一般的に編集などと打ち合わせを行い、利益を得る目的で出版する方法です。多くの出版社では自費出版で書いたものを、売れる見込みがあるのであれば商業出版として出版費用を割り引いてくれる制度を導入しています。

流通の仕方は主に二つあります。それは委託配本と注文配本です。委託配本では出版社が取次会社に依頼を行い、取次会社が全国の書店へ本を委託します。委託配本の大きなメリットとしては、店頭での露出を増やすことができる点が挙げられます。自分で出費をして書いた本を出版する方の中には、利益を上げたいと思われる方も少なくありません。書いただけでは利益になるケースは少なくなります。なぜならその本を知っている人が少ないからです。書いた本の存在を知らない方には、本の存在をまずは知ってもらうことが求められるでしょう。委託配本では取次会社が書店へ本を委託し、露出の回数を増やすことができるので、流通方法として委託配本を選ぶ方も多くいます。

一方で注文配本は出版社が取次会社に依頼をして、書店から取次会社に本の注文の数だけ本を卸す方法です。注文配本の最大のメリットは、本が返却されるリスクが少ないという点です。返却されれば当然その本を売ることができないので、自分で本を買い取ったりせねばならず、利益が低くなります。しかし、注文配本ではそのようなリスクが低く、さらに流通コストも抑えられる可能性があります。このような流通方法がありますが、出版社では委託配本、注文配本の二つの流通方法が準備されており、本を出版する方は自分で好きな流通方法を選択することができます。

また、現在ではスマートフォンなどの普及に伴い、急速に電子書籍市場が拡大しています。出版社では電子書籍の出版も受け付けてくれるところがあり、電子書籍の出版においては電子書籍専門のストアなどで販売をすることになります。



写真集を自費出版しよう



自費出版と聞くと小説や社史、自分史などのイメージを持たれている方も多くいるでしょう。しかし、現在では写真集を出版する方もいます。写真集は文字と写真の割合において、写真が多くを占めます。小説の中には写真やイラストを用いたものも販売されていますが、文字の割合の方が多くなります。写真集の中には文字を使うところが限られており、写真集の中には本の中のほとんどが写真のみで商品化されているものもあります。

今ではスマートフォンの普及やデジタルカメラなどを持っている方も多いので、写真を撮影する機会は増えています。実際にSNSなどでは飲食店で提供されているラーメンや、その他の料理の写真撮影をして、アップロードしている方も数多く存在しています。また、趣味の一環としてレトロな雰囲気の電車車両を撮影する方は、街の景色を写真に収める方も少なくありません。

このように普段から写真撮影をしている方は、写真集の自費出版を検討してみてはいかがでしょうか。出版することで数多くの魅力を得られる可能性があります。例えば、自分のアルバムとして残すことができるという点です。本の形にすることによって思い出として残しておくことができるので、友達に紹介をしたりすることも可能です。写真を知人や友達でない方と共有することができる点もメリットとして挙げられるでしょう。実際に写真集が流通してその本に人気が集まれば、多くの方が手に取り内容を見てくれます。見てくれた方の中には購入をしてくれる方もいるでしょう。自分が撮影した写真を多くの方に見てもらいたいと思っている方は、自費出版の魅力を感じられるのではないでしょうか。



出版社を選ぶ



現在では電子書籍であれば出版社を利用しなくても本を流通させることができますが、製本で自費出版をする際には出版社を選択することが求められます。日本には周知の通り多くの出版社があります。出版社を初めて利用する方の中には、選び方を知ってから写真集を出版したいと思っている方もいるでしょう。

出版社の選び方のポイントとして挙げられるのが、売上還付金の割合です。売上還付金とは簡単に言えば印税になります。それぞれの出版社で売上還付金の割合が異なります。例えば出版社の中には50パーセントの割合で設定してくれるところもあるので、売れた時に一定の収益を確保できます。

その他にも予算に応じて対応してくれるかどうかが挙げられます。写真集を自費出版する場合、それぞれの方で予算が異なります。少ない予算しかないという方でも出版を実現したいと考えていることがあるでしょう。出版社を選ぶ時には、柔軟な対応をしてくれるところを選択してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ
ページTOPへ