自費出版の風詠社 HOME → コラム → 大阪の魅力と自費出版で本を出すメリットとは

大阪の魅力と自費出版で本を出すメリットとは

自費出版のメリットや魅力


大阪は関西を代表する都市の一つです。かつて大阪は天下の台所と呼ばれるほどに成長しましたし、現在でも食い倒れの街として高い人気を誇っています。観光都市としても高い人気を誇っていますし、大阪城をはじめとするさまざまな観光名所が存在することは説明するに及ばないでしょう。大阪には観光名所が豊富なだけでなくこのエリア独自の食文化も育まれていますから、グルメ目的で訪れるにも最高の都市ではないでしょうか。
自費出版で本を出すメリットですが、一つは誰でもできるということが挙げられます。本を出版するとなると面白い作品でないといけない、プロでないとムリといった先入観があるかもしれませんが、今の時代そんなことはありません。誰でも自費出版で本を出すことができますし、その気になればすぐにでも本を出版して流通させるということも可能でしょう。もちろん、お金はかかってしまいますが有名な小説家や写真家、エッセイストでなくても自分の作品を世に出すチャンスがあるというのはメリットであり魅力的な部分ではないでしょうか。
自費出版ですから自分の好きなように作品を作れるというメリットもあります。どんなに知名度が高く人気の作家であっても完全自由に作品を作るということはできません。出版社の意向をくみ取りながら執筆する必要がありますし、時には自分が書きたい作品とは違ったものを書くことになることもあるでしょう。これはお金をもらって書いているプロである以上仕方のないことです。しかし、自費出版なら自分のお金で本を出版するわけですからそのような縛りもありません。本当に自分の出したい作品を世に出せます。

ライフスタイルにも変化が


自分で本を出版するというのは大変な行為です。普通の人は文章を書くだけでも苦手なものですし、文章を書いてそれを本にして出版するという行為は本当に大変なことなのです。自分の周りを見渡せばよく分かると思いますが、周りに著作を出版しているような方がいる方は少ないでしょう。インターネットを利用すればすぐにブログを開設したりメルマガを発行したりすることは可能ですが、著書を出版するというのはなかなか真似ができることではありません。
著書があるというだけのことで人生を豊かにすることができるでしょうし、人生に張り合いも生まれるのではないでしょうか。今後のモチベーションも高くなるでしょうし、さらに素晴らしい作品を執筆しようというやる気に繋がります。自身をセルフプロデュースするときにも著書があるというだけで凄い人間であるかのような印象を与えることができますし、周りからの評価も大きく変わってくるのではないでしょうか。自分を他人に紹介するときなども著書を渡すことで考え方や思想、人となりなどを知ってもらうことができるでしょう。
今でこそ自費出版は誰でもできるようになりましたし、ハードルも以前に比べて随分低くなりました。以前よりも遥かにコストも低くなりましたし、誰にでも平等にチャンスが与えられるようになったのです。しかし、いくら本を出版するハードルが低くなったとはいえそれを実行する人は決して多くはありません。そもそも自費で出版できるということを知らない方が多いですし、本を出版できるのは凄い人という認識を多くの人は持っているのです。

今後の仕事にも役立つ可能性


自分の著作を出版することで思想や人となりを発信することができます。しかも、それが書店に並ぶとなるとその影響力はそれなりに大きいと言えるのではないでしょうか。仮にこれから何らかのビジネスを始めようとしているのならその足掛かりになるかもしれませんし、事業を加速化させるためのツールとして活用できる可能性もあります。起業して本を著作した方は大勢いますし、上手にビジネスに取り込んでいる方もたくさんいます。自費で出版した本によってビジネスチャンスを広げることにも役立つのです。
普通の人は本を出版するという考えがまずありませんし、書店に著作が並んでいるというだけでとんでもなく凄い人という印象を与えることができるでしょう。実際は誰でも自費で本を出版することはできるのですが、普通の人はそんなことすら知らないのです。書店に著作が並んでいると伝えればそれだけで周囲からの信頼を集めることができるでしょうし、顧客や消費者へ与える信頼感も大きなものとなるでしょう。このように、ビジネスにおいても大きく役立ってくれるのです。
もちろん、物書きとして知名度をアップさせるということも可能でしょう。今まで何度も出版社に持ち込んだもののまったく相手にしてもらえなかった、という方でも自費出版という手を使えば著作を書店に並べることができます。そこから爆発的に知名度がアップするという可能性もなくはないのですから、チャンスを広げるという意味では非常に意義のあることでしょう。本が書店に並び自分の名前が入っているというだけで知名度アップに役立ちます。

次の記事へ
ページTOPへ