自費出版の風詠社 HOME → コラム → 安い出版をすることができる

安い出版をすることができる

出版費用の負担が少ない業者の選び方のコツとは



本の出版を考えている方もいるのではないでしょうか。

従来においては商業出版が一般的でした。商業目的で本を世の中に公表するため、利益を上げるために著者は自分の思いを綴るだけでなく、製作に関わる多くの方の意見を取り入れながら執筆に反映させなければなりません。しかし、現在においては自費を捻出して本を多くの方にみてもらうことができるようになっているのです。それが自費出版になります。

商業目的であれば誰でも出版できるということは少ないですが、自費で出版するのであれば文才や能力に関わらず作品を公表することができるのです。

現在では自費で作品を発表する方のために手伝ってくれる業者がいるので、費用さえ払うことができれば誰でも世の中の方に作品を読んだり見たりしてもらうことができるのです。しかし、業者はとても多くあるので、どのような業者にお願いをしたら良いのかわからない方も多くいます。また、たくさんの候補の中から迷われている方もいるのではないでしょうか。

今回は業者の選び方のコツをご紹介します。希望する出版形態に合うポイントを押さえて、選択の際の参考にされてみてはいかがでしょうか。

著者の中にはなるべく安く依頼をしたいと考えている方も多くいます。業者の中には大手のところもありますが、大手は名前のブランド力などがあるため、比較的コストが高くなっています。そのため安い料金で製本してもらうことが難しくなっているのです。

しかし、大手ではありませんが、現在では求めやすい価格の出版物を提供するために安い価格で製本を受け付けてくれるところもあります。多くの業者では見積もりなどを無料で行ってくれます。複数の業者から見積を取ることによって、どの業者が安い料金を提供してくれるのかを把握できるので、価格重視の方は複数の業者の見積もりを比較して業者を選ばれてみてはいかがでしょうか。

書店などに本を置いてもらい、売上による収入を生活の費用に充てたいと思われている方もいます。通常、自費で本を公表した場合でも売上の一部を収益として受け取れる仕組みがあります。そのお金は売上還付金、別名、印税と呼ばれます。印税を多く受けとりたいと思われるのが一般的になりますが、業者によっては印税の率が異なります。当然ではありますが、印税が高率であればあるほど自費で出版するために貯金から捻出した費用を埋めることができるので、高率のところを選択すれば結果的に安い費用で本を多くの方にみてもらうことができます。そのため、安い料金で出版するために初期費用だけでなく、業者の印税の利率も見ておくと良いでしょう。



自費出版をする利点を知ろう



自費出版には様々な種類があります。小説家として活躍することを目標に毎日時間を費やして執筆し、その著作物をなるべく多くの人にみてもらうために業者に依頼をする方もいます。

また、ご高齢で自分の今までの人生を本に綴り、残された家族に思いを伝えるために利用される方もいます。

では製本をすることによってどのような利点を得られるのでしょうか。例えば上記でも説明したように自分史などを製作してもらうことによって孫や曾孫まで自分の言葉を伝えられる点です。当然、天国に行かれた後には言葉を伝えることができなくなってしまいます。製本をしておくことによって自分の考え方を後世代に継承してもらうことができることもあります。

自分史だけでなく、専門的な知識を綴り出版される方もいますが、専門家として本を公表することによってキャリアアップに繋がり、また、社会的信頼性も向上することもあります。また、公表後にその本を見た方が仕事の依頼をしてみたいと思われたりすることもあるので、仕事の機会やチャンスが増えることもあるのです。

このように多くの利点があるため、自費出版を前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。



電子書籍で自分の本を公開することもできるの?



現在においてはスマートフォンやタブレットなどが多くのご家庭などに普及してるため、日頃からアプリケーションなどでダウンロードして楽しまれている方も多くいます。本においても電子化が進み、タブレットやスマートフォンから専用のアプリケーションなどを利用して気軽に読書することができるようになりました。

読書するだけでなく、本屋さんにいるかのようにインターネットから自分の本を選ぶこともできます。電子書籍を利用することによって本屋さんに行く手間がないので、利用されている方も多くいるのです。

自費出版を検討されている方の中には電子書籍として本を公表したいと思われている方もいるのではないでしょうか。多くの業者では製本だけでなく、電子化された書籍の出版も行ってくれます。製本の場合よりも用紙料金やプリントする必要がないため、比較的安い価格で本を多くの方にみてもらうことができます。

若者向けであればスマートフォンを使用している方も多くいるのでみてもらうことができる確率が高くなるのではないでしょうか。




眠っている原稿はありませんか?出版したい作品をお送り下さい。あらゆるジャンルに対応しています。「売れる」作品は“企画出版”します!!

次の記事へ
ページTOPへ