自費出版の風詠社 HOME → コラム → 広がる自費出版と現状

広がる自費出版と現状

自分の力で本を出す



自分の本を出したいと思っている人は多いでしょう。ひとつの夢である方もたくさんいます。実際の問題として、本の内容を書くことはできたとしても、出版まで至ることができるかどうかは、なかなか見通しができません。出版社に持ち込んでみて、契約をとることができれば問題はないでしょう。しかし、実際にそういったことができる人は、ほんの一握りにも満たないのが現状です。

そこで、自費出版という選択肢が出てきます。自分で費用を支払い出版する方法であり、商業出版とは流通ルートも異なる方法です。流通ルートが異なるため、販売部数を伸ばすことは難しい側面を持っています。その代りに、自分で書きたいことを書くことができる自由を手に入れることができる方法です。自分で自由なことを書くことができる代わりに、これで生活できるようなレベルの収入を得られることはまれだということを認識しなければいけません。

電子書籍での販売などもできるようになりましたし、低価格で自費出版ができるようにもなりました。印税の収入も期待することはできますが、売れなければ意味がありません。一般の書籍の流通ルートに乗せるためにはお金がかかります。プロモーション活動をすれば、売れるようになるかもしれませんが、その分お金がかかります。それを、取り戻せるかは、その時点ではわかりません。

これが自費出版ではありますが、以前よりも格安で作ることができますし、企画出版になる可能性もあります。ビジネスモデルとしても、異なるものですので、理解したうえで自費出版は利用しなければいけません。協力出版を目指すということも、ビジネスモデルとして捉えていくべきでしょう。

それでも、格安で企業出版ができますし、自分の本を持つことができます。社史や専門書、記念誌、研究書も作れるわけですから、特性を理解することが大切です。



いろいろとある出版方法



自費出版の中でも、個人出版は、執筆も編集も含め、すべてのプロセスに対して費用負担をします。発行者になるわけですから、すべての責任を持たなければいけない方法です。逆に言えば、予算もすべて決めることができるのですから、最も予算を少なくすることもできるでしょう。

アイデアの状態から始めるわけですので、ここからすべて任せてしまうこともできます。その選択権を持っているため、本当の意味での自費出版は個人出版と同じと考えられます。ただし、よほど知識を持っていれば別ですが、打ち合わせも含め、相当な時間と労力が必要となります。さらに、販売もとなれば、現実的にはひとりでは無理が出るでしょう。そのため、どの部分の手を借りるのか、はっきりさせておくことも必要です。

現在増えてきているのが、自費出版というかたちで始め、出版社が優れた内容に関しては、企画出版を行うという方法です。この方法にシフトすると、著者には原稿料が入るようになります。もちろん、流通に乗せなければ出版社は利益を得られませんので、書店などにも並ぶようにしてもらえる方法です。

ただし、新人の発掘といった目的でおこなわれるようなものではありません。ヒットするという確信を持たなければ、企画出版にすることはありませんので、相当な内容を作り上げなければいけないでしょう。

この中間の方法になるのが協力出版という方法になります。企画出版にしたくても、利益ベースにならないという判断をした場合、初版は著者が持ちますが、流通に乗せていくことを検討する方法です。売上が発生する確率が高まりますし、印税も発生します。初版だけは自費ですが、その後は出版社が持つため、売れてきて重版となればかなりの印税を期待することもできるでしょう。書籍を作りたいというのであれば、自費出版というかたちをとりながら、協力出版を目指すというのが現代の形です。



電子書籍としての販売



自費出版の形の一つとして増えてきたのが、電子出版です。紙媒体を利用せず、電子媒体にシフトしているのが大きなポイントですが、印刷することがありません。書店に流通させることもありませんので、費用は大幅にカットすることが可能です。ビジネスモデルとしては、どれだけ露出を高めるのかということが重要となりますので、多くの電子書店に並べることが必要でしょう。最近ではそうしたサポートもしっかりした出版社が増えてきました。

電子書籍の場合にも、定価を決定し、著作権使用料が支払われることになります。もちろん、そのあとに紙媒体として出版することもできますので、ある程度予算や予測を立てて出版することができるようになるでしょう。非常に格安で出版できる方法ですが、紙媒体とは違う点も多数あります。

電子書店によって仕様が異なる点も多く、紙媒体と同様にISBNを取得しなければ販売できない場合もあるため、知識が豊富な出版社とともに進めることが大切です。登録代行などもおこなっていることがありますので、これから先の出版方法として考えておくと便利でしょう。

次の記事へ
ページTOPへ