自費出版の風詠社 HOME → コラム → 最近巷で大人気の人気の自費出版の魅力とは何か

最近巷で大人気の人気の自費出版の魅力とは何か

低価格でできるようになった人気の自費出版



自分の費用を使って本を出版するのが自費出版のスタイルです。これまでは出版に非常に高額の費用が掛かるというようなことが多かったのですが、最近では1部だけとか10部だけというような出版スタイルも可能になっています。ですから、誰もが自分の予算に応じて出版をすることができるようになっており人気を集めています。

また、最近では低価格で出版できるようになってきています。これまでは数人の有志で集まるなどして、まとまった額を用意しなければならなかった出版が最近では1人でも気軽にできるようになっています。しかも作者には10パーセント程度の印税もペイバックされることになるので、本がたくさん売れれば損益に繋がります。

自費出版の中でもリスクの少ない方式を可能にしてくれているのが、受注生産方式です。本の作製は注文が来てからになるので、在庫管理の必要もありませんし、売れ残った本を買い取るという義務も生じることがありません。低価格で自費出版できる方法として、これまで自費出版を費用の面で諦めていた人たちが自分の原稿を使って出版するようになり、出版数が右肩上がりに増えるほど人気の出版方法となっています。

執筆する側も出版する側も売れるかわからないというファクターのため、これまで自費出版を見送ることが多かったのですが、この方式により人気がさらに高まり自費的な出版に挑戦する人がますます増えることが予想されます。これまで公開されることがなかった耳よりの情報をますます多くの人が、知見として知りうることが可能になってくることが多いに期待されます。これまでとは違う新しい出版のスタイルが出版業界の新たな救世主となることも同時に期待できます。誰もが自分の本を持てる時代になってきたといえます。



適したジャンル



これまではなかなかジャンルとして成立することがなく、出版されることが少なかったジャンルの書物が自費の費用を用いて出版されるようになっています。日の目を見ることが少なかったジャンルを得意とする作家の方も、自己費用による出版の形で自分の作品を世に送り出せるようになってきています。

歌集・句集・詩集は非常に奥行きの深いジャンルであり、趣味としても親しまれています。多くの部数は期待されない反面、熱狂的なファンの多い人気のジャンルと言えます。また、自分の歌集・句集・詩集を自費出版の形で発行できれば、その道のプロとして認識されやすくなります。プロへの登竜門が自前の費用での出版によって開かれるとあって人気を集めています。

また、紀行文やドキュメンタリーも自費的な出版の人気ジャンルとなっています。著者しか知りえない生の情報は、実際体験した人にしかわからないものです。紀行文の場合、著者の記憶の新しいうちにそれを書き留めておけば、著者自身にとって良い思い出になりますので、大きな注目を集めています。自分の旅の思い出を毎年のように自分の予算の範囲内で出版される方もいます。

まだ、あまり世に知られていない作家が自分の小説を自費出版で世に送り出すこともできます。自費による出版をしたことによって、作家の人気が高まり、最終的には有名作家になるということもない話ではありません。作家の登竜門としてもこの方式は話題を集めています。また、各種のノウハウを集めたものを版することも考えられます。世の中に役に立つ情報を多く送り出すことができる点において、読者間で大きな話題を集めています。



メリットとデメリット



自費出版することのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?有名作家でもなければ一生できないと思われていた本の出版を自分でもできるようになりますので、一生の思い出になると考えられます。書店などに自分の本が並んでいるのは大きな感動を与えてくれるものでしょう。

また、普通に本を出す場合には出版社の意見を尊重しないとダメな部分も多いのですが、自分の費用を使って出版をしているので、自分の意見を反映させることができるので、満足のいく作品を世に送り出すことができるようになります。多くの方が出版された後に、大きな達成感を味わうと言われています。

仮に売れ残ってしまっても、自分で作ったサイトからインターネット上でPRすることによって売り上げにつなげることもできるので、損することなく自分のペースで進めることができるというメリットもあります。また、自分の好きな内容を書くことができますので、自分の主張を本の中にかなり反映させることができます。世の中であまり知られていないような斬新なアイデアやノウハウなどを提案することができますし、それによってブームを巻き起こすことも可能になってきます。一躍有名人の仲間入りも実は夢物語ではないのです。

出版を行う際にはあらかじめ出版社と十分な打ち合わせをしておかないと、後から大きな出費となって驚かされることもでてきてしまいます。自分の予算に合わせた出版が可能かどうかについて、それを確かめておかないと損をしてしまうこともあるので予算と計画を慎重に行うことが必要です。特にどこの出版社から自分の本を出すのかはかなり慎重に選んでいくことがポイントといえます。

次の記事へ
ページTOPへ