自費出版の風詠社 HOME → コラム → 素人の企画出版について

素人の企画出版について

いちから企画出版を目指すためには?


本を世の中の方に読んで頂く方法は、大まかに分けて2つあります。それは自費出版と企画出版になります。自費出版においては基本的に自分で費用の支払いをして製本し、本を流通させる方法になります。
一方企画出版とは、費用を出版社に負担してもらい、本を流通させる方法です。当然ではありますが、企画出版は費用を支払わなくても本を世の中の方に読んでもらうことができるので、素人の方の中には企画出版として本を出版したいと思われる方も少なくありません。では素人の方が企画出版で本を出すためには、どのような事をすれば良いのでしょうか。
まず一つ目として挙げられる方法は、出版社に提案することになります。基本的に企画出版ができるかどうかは、出版社の判断に委ねられます。例えば出版社が提案した企画を気に入れば費用の負担が少なく本を出版することができるでしょう。しかし、出版社の中には受け付けてくれないところも少なくありません。そのため、まずは出版社が対応してくれるかどうかをお伺いすることになります。
また出版社の中には、費用の負担を少なく自費出版ができるところもあります。更に、その企画に対して売り上げられる見込みを感じられれば費用を安くしてくれるところや、無料で本を流通させてくれるところもあります。しかし、全ての本が無料で出版できるということではないので、相談をしてから出版を検討されてみてはいかがでしょうか。
その他、素人の方がいちから出版を目指す方法としては、コンテストなどに応募することになります。出版社の中にはコンテストなどを定期的に開催して、そのコンテストの最優秀賞などを受賞すれば無料で本を出版できるところもあります。コンテストに合格するためには文才などが必要なため、素人の方が受賞するためにはそれなりの努力をしなければならない可能性が高くなります。しかし、受賞した全ての方が企画出版できるということではないため、事前にコンテストの内容などを確認して応募するようにしましょう。
その他にも編集者と知り合う方法等があります。
普段から本の出版社と身近なところに身を置いている方は編集者と知り合える可能性もありますが、基本的に素人の方には難しくなっています。また、知り合いだからと言って執筆依頼が来る可能性は高くありません。編集者に知り合いがいる方は、その方に企画を提案してみてはいかがでしょうか。もし編集者の好みの企画でなければ企画出版として本を出版することができないことになりますが、自費出版であれば対応してもらうことができる可能性があります。
現在では自費出版においても費用が安くなっています。その理由は電子書籍の普及になります。
従来では、書店で本を購入して家で読むのが一般的でしたが、スマートフォンやタブレットの普及によって自宅から本のデータをダウンロードして読むこともできるので、比較的需要が高くなっています。製本するよりも安い価格で出版することができるので、素人の方は電子書籍で出版をして経験を積んでみてはいかがでしょうか。

本を出版して得られるメリットとは!?


基本的に企画出版であれ自費出版であれ、素人の方が本を出版することによって多くのメリットを得ることが可能です。
例えば収入を得ることができる点が挙げられます。基本的に本を出版すると売上の一部が著者に入ってくる仕組みになっています。印税と呼ばれることが多いです。本が多く売れれば売れるほど収入を得ることができる可能性が高くなるでしょう。しかし当然ではありますが、売上がなければ収入を見込むことができません。
その他のメリットとしては、専門家としての意見を世の中に広めることができる点です。例えば大学の教授などでも、本を出版される方は少なくありません。
また、今までお仕事をされていた方で定年退職を迎えた方の中には、自分の今まで積み上げてきた経験を本に記載する方も少なくないでしょう。もし専門家の方が本を出版すれば今まで積み上げてきたことや知識を世の中に広めることができるので、世の中の方がそれを知って知識を共有することができるでしょう。
このように多くのメリットがあるので、素人の方で自分の知識を広めたい方は本の出版を検討されてみてはいかがでしょうか。

出版社の選び方のコツ


基本的に企画出版や自費出版を素人の方がする時は、出版社に依頼をして見積もりなどを依頼することになります。
しかし、日本には出版社は数多く存在しているので、素人の方の中にはどのような出版社に依頼をすれば良いのか分からない方もいるのではないでしょうか。
選び方のコツとしては、低コストで出版を実現してくれるかどうかです。素人の方は初めから企画出版で本を世の中に広めることは難しくなっていますが、自費出版であれば出版のハードルが下がるでしょう。自費出版であれば費用を負担しなければなりませんが、低コストで出版を実現できれば著者の負担が少なくなるため、予算が少ない素人の方でも出版できる可能性があります。

次の記事へ
ページTOPへ