自費出版の風詠社 HOME → コラム → 自費出版におけるページ数の制限やかかる費用

自費出版におけるページ数の制限やかかる費用

自費出版のページ数や費用


自費出版とは文字通り自費で本を出版することを指しています。自費での出版にはさまざまなメリットがありますし、現在では多くの方が自費で書作を出版し世に送り出しています。これから自費出版を考えている方だとページ数に制限があるのではないか、費用はいったいどれくらいかかるのかといった疑問、不安があるかもしれませんが、正直ページ数の制限や出版にかかる費用というのは出版社によってまちまちです。どこの出版社から自費で出版するかによってページ数の制限や費用が変わってくることは覚えておきましょう。
出版にかかるコストはもっとも気になるところでしょうが、正直なところ、これは出版社によりけりです。比較的リーズナブルなコストで出版できるところもあれば、高額な費用が必要になるケースもあるでしょう。自費での出版となるとそこまでお金をかけることはできないでしょうし、なるべく安く本を出したいと考えることが一般的です。そのため、これから自費での出版ができる出版社を探すという方はなるべく低コストでの出版が可能な会社を選ぶことが大切です。
現在では自費での出版をビジネスにしている企業もたくさんありますし、中には大手の自費出版会社などもあります。大小さまざまな規模の会社が存在しますが、大手だからといって低コストということはありません。また、規模が小さいからといって必ず低コストとは言えませんから、いろいろな出版社のコストを比較することが大切です。出版コストにはだいたいの相場はあるものの、実際には会社ごとに大きく金額は変わってきます。できることなら複数の出版社で相見積もりし、その中でもっとも金額の低いところを選んで出版したほうが良いでしょう。

著者の想いに寄り添ってくれる


自費出版ができる出版社を選ぶときには費用やページ数以上に大切なことがあります。それは、著者の想いに寄り添ってくれるかどうかです。プロの作家ならある程度割り切った作品作りをしていますが、プロでもない人が本を出すときには自分の想いのすべてを本に込めたい、伝えたいことは余すことなく伝えたいと思っているはずです。それを実現するためには親身になって著者に寄り添ってくれるような出版社でないと実現できません。
自費での出版を検討する方の多くはお金がかかってもいいから自分の想いを込めた作品を世に送り出したい、という思いで自費での出版に踏み切ろうとしています。自費での出版にはそれなりのお金がかかっていますし、無駄にすることはできません。そうしたことまできちんと理解してくれている出版社なら安心ですし、信頼できるのではないでしょうか。真摯に著者の気持ちに寄り添い、二人三脚で出版をサポートしてくれるような会社がベストです。
先ほども言ったように自費での出版に踏み切ろうとする方の覚悟は相当なものです。プロの方なら作品を次々と生み出していけば良いですが、プロでもない方だとなかなかそれはできません。たった一冊の本の出版であってもその人にとってはとても大切な想いが込められていますし、大きな覚悟を持って挑んでいるのです。それをきちんと理解したうえで対応してくれる、著者の目線に立って相談に乗ってくれるような出版社でないと信頼できません。これから自費での出版が可能な出版社を探すという方は真摯な気持ちで著者と接してくれるかどうかをチェックしましょう。

電子書籍にも対応


通信機器の発達によって現在では電子書籍も大人気です。漫画や小説などあらゆる本が電子書籍で販売されていますし、スマホやタブレット端末で手軽に読めることから幅広い年齢層から支持されています。音楽の楽曲もデジタルで購入できる時代になりCDが売れなくなったと言われていますが、やがて書籍もそのような時代がやってくるかもしれません。既にその足音は近づいていますし、それほど電子書籍の愛読者は年々増加の一途を辿っているのです。
自費出版で本を出したいと考えているのなら電子書籍にも対応している出版社を選ぶことです。先ほども言ったように現在では電子書籍の人気はうなぎ登りですし、特に若年層を中心に支持されています。紙媒体で出版するのと同時に電子書籍でもリリースすることで読者を増やすことが可能になるかもしれませんし、チャンスを広げることができるでしょう。出版社によって電子書籍に対応しているかどうかは違ってきますから、電子書籍対応の出版社を選ぶことが大切です。
自費出版できる出版社を選ぶときにはページ数の制限や費用は大切なポイントですが、これからの時代は電子書籍と言っても過言ではありません。そのため、なるべく電子書籍にも対応した出版社を選んでおくことです。電子書籍に対応しているだけでなく、有名な通販サイトや電子書籍ショップのホームページで販売してくれるようなところならなお良いでしょう。紙媒体の書籍だけでも満足かもしれませんが、もっと読者層を広げより多くの人に自分の作品を読んでほしいのなら電子書籍は選択肢に加えておくべきなのです。

次の記事へ
ページTOPへ