自費出版の風詠社 HOME → コラム → 自費出版を成功させるためにはどうすれば良いのか

自費出版を成功させるためにはどうすれば良いのか

自費出版に憧れる人は多い



自費出版に憧れている方はたくさんいます。自費出版というのは、自分でお金を出して本を出すというものです。通常、本というのは出版社が作家に依頼をして作品を執筆してもらい、それを自社でお金をかけて出版します。そして本が売れた場合には、印税が著者に支払われるのです。自費出版の場合は、本を出すための準備をすべて自分で進めていくことになります。自費出版を手伝ってくれる業者も存在するため、昔に比べると個人出版というのはハードルが低くなっています。実際に多くの方が自分で本を出版することに成功しているのです。

個人出版をする理由というのは人それぞれです。たとえば自分で個人的に作品を制作しており、それを他人にも触れてもらいたいと考えて、個人出版に取り組んでいる人がいます。この場合、利益を上げることは意識していません。採算度外視で出版をするのです。作品には色々なものがあります。自分で書いた小説を出す方もいれば、詩やエッセイのようなものをまとめている方もいます。あるいは写真集や自伝のようなもの、何かについて研究をしたことをまとめて本を出すという方もいるのです。軽い気持ちで始める方もいれば、自分のこれまでの足跡を形として残しておくために、真剣に個人出版に取り組んでいる方もいます。また、本を出すことがずっと夢だったという方もいます。

このように、自費出版をしたい方にはそれぞれ色々な理由があるのですが、本を出したいという意思があるならば、それは簡単に達成できるでしょう。自費出版に成功している人はたくさんいるのです。個人で本を出版した結果、多くの方に買ってもらえたという例もあります。先述したように、業者も精一杯のサポートをしてくれるため、安心して自費で本の出版に取り組めるのです。興味のある方はぜひチャレンジをしてみましょう。



自費出版をするための方法



自費出版をするためには様々な方法があります。まず、自分で全てを行うという方法です。出版をするためにはお金がかかるのですが、それさえ準備ができるならば個人で出版することは不可能ではありません。自分の作品があるならば、それを印刷所で印刷してもらえば良いのです。ただし、どのようなレイアウトにするのか、どんな紙を使うのか、どんなデザインを取り入れるのか、といったことを全て自分で考えなければなりません。また、どこの印刷会社を利用するのか、本ができたらどうやって販売するのかといったことも考える必要があります。これらは素人にはとても難しいことです。昔から自費による出版の需要はたくさんありました。しかし、個人ではどうすることもできないと悩んでいた人も多かったのです。

そこで、そのような悩みを抱えている人に対してサービスを提供しようという企業が出てきました。そして今では、業者のサービスを利用して出版をするというケースが増えてきています。この場合、本が売れたとしてもその一部は業者に渡す必要があります。しかし、業者の場合はきちんと販売ルートを持っていて、安い印刷会社の紹介もしてくれます。本をデザインしたり、どのような構成にするのかについて的確なアドバイスもしてくれるため、とても役に立つ存在となっています。中には、かなり安い費用で出版を応援してくれる業者もあります。最近は電子出版に対応している業者も増えてきており、費用はかなり抑えられるようになりました。出版に興味があるならば、ぜひとも業者を利用してみると良いでしょう。



業者選びが成功の鍵



自費出版の成功の鍵を握っているのは、正しい業者選びです。良い業者を選ぶことができたならば、きっと素晴らしい作品を出版できるでしょう。良い業者のサービスはとても充実しており、これまでにたくさんの出版を成功させてきた例があります。

まず低コストを実現していることは大切です。無駄なコストをかけているようなところは、顧客に対して多くの費用を要求してきます。これはとてももったいないことです。業者の怠慢といえるでしょう。業者がきちんと努力をしているならば、コストをあまりかけなくても出版することは可能なのです。他社よりも優れた企画を行っており、見積内容も納得できるものならば、その業者は信頼ができるでしょう。

また、本が売れたときには著者に対して還付金が支払われます。この還付金が高設定となっていることも重要でしょう。その作品を生み出したのは著者であり、著者が多くのお金を受け取る権利があります。それは当然のことであり、それを出版社の方が大部分を取ってしまうのはおかしなことなのです。どのくらいのお金が著者に還元されるのかをきちんと確認しておきましょう。

そして、顧客の事情に応じたサービスを展開していることも大切です。顧客にはそれぞれ予算の都合があったり、希望する納期があるものです。それに柔軟に対応してくれる業者に仕事を依頼するべきでしょう。しっかりと顔を合わせて話し合いをしてくれる業者は、とても信頼ができます。直接対面をしてくれるならば、安心して自分の作品を任せることができるでしょう。最近は顔を合わせずにサービスを進める業者もありますが、やはり直接のコミュニケーションを重視することは大切なのです。

次の記事へ
ページTOPへ