自費出版の風詠社 HOME → コラム → 自費出版を行う方法とは

自費出版を行う方法とは

まずは出版の目的をはっきりとさせましょう。
それによって依頼する業者も違ってくるからです。

まず、市販を全く考えておらず、知人に配ったり、自分が調べたことの資料を残す意味で地元の図書館に寄贈したりという目的なら、印刷会社だと比較的低予算で可能です。
その理由は、校正など最終的には人出が必要な部分にあまり労力が掛けられないからです。

 しかし、不特定多数の目に触れる(触れて欲しい)本を出すなら、出版社に依頼することになります。
なぜなら、我々が目にする出版物というのは、原稿段階での誤字脱字はもちろん、読者に文意が伝わりにくい文章を手直ししたり、個人のプライバシーや人権、差別用語に配慮した校正・校閲がされたものであり、これはコンピュータの誤字・脱字の校正では不可能な作業だからです。
また、書籍の顔とも言うべきカバーデザイン(装丁)は、デザイナーとシロウトの差が歴然と現れる部分です。
自費出版の費用は、印刷や用紙・製本などの直接費用以外の、このような編集にかかわる費用が無視できないのです。
印刷するのが100部であろうが10万部であろうが、ページ数が同じなら校正のコストは同じですから、費用の割合は大きくなります。

 さて、出版社選びですが、自費出版専門も近年数多くなりましたが、意外に思われるかもしれませんが、名の知れた大手(商業)出版社もかなりの割合で自費出版を取り扱っています。
こういう会社で本を作ると、自分の本のカバーや奥付に有名出版社の名前が入ることになり、この点に魅力を感じる人が依頼するようです。しかし、出版費用は、かなり高いものになるでしょう。
出版社選びの方法からは多少話は逸れますが、(しかし重要なことかもしれません)出版業者から勧誘の電話が来た時は警戒してください。

自費出版をしようと考える人は、何らかの形で自分の文章を発表していることが多いのです。
業者にはそれを調べて、言葉巧みにベストセラーの可能性をちらつかせてくるかもしれません。
少し文章に自信がある人が、「これは売れる企画ですよ」などと言われたら舞い上がってしまうかもしれません。
しかしそこで冷静になりましょう。

本当に「売れる企画」であれば、出版社が企画出版するでしょう。なぜ著者がお金を出すのでしょう。
ベストセラー作家が、出版のたびに自費を出すでしょうか。
そのような業者は十中八九、あなたを食い物にしようとしている存在です。
もしあなたが、すでにそのような業者と出版契約を交わしてしまっていたら、基本的に「自費出版は売れない」という冷静で厳しい認識を忘れず、細かい点まで担当者と話し合い、費用の明細など証拠に残る形にしておきましょう。
あなたにとって夢を追う自費出版も、出版社にとっては利益を上げる方法にすぎないことをお忘れなく。

次の記事へ
ページTOPへ