自費出版の風詠社 HOME → コラム → 電子書籍で自費出版するなら、費用がとても安い

電子書籍で自費出版するなら、費用がとても安い

いま注目されている電子書籍で行う自費出版


出版業界が下火といわれ続けている中、その市場を広げているのが電子書籍です。いまではタブレットやスマートフォンで読書をする人が大幅に増えており、多くの人が電子書籍を活用するようになりました。中には、無料の試し読みができるものもあり、より手軽さが求められています。
手軽に利用できる以外に、金額が安いというメリットもあります。通常の書籍を購入するより安い値段で買えるため、より手に取りやすい存在となっているのでしょう。文字の大きさも変えられるので、年配の方も読む人が増えています。その市場は、消費者だけでなく、書き手にも影響を及ぼしています。なぜなら、印刷費用が掛からないため、低価格で出版することができるからです。これは、購入する費用も安ければ、出版する費用も安いということなのです。
インターネットで公開している小説やエッセイ、今までしたためていた自分の思いなどを本として出版するシステムもずいぶんと整ってきました。紙で出版しなくても、電子書籍であれば自費出版も実現可能です。出版したい書物があるけれど、費用面で手を出せないと考えているのであれば、今すぐ電子書籍での発行を検討してみてはいかがでしょうか。この方法を利用すれば、意外な道が見えてくるかもしれません。

電子書籍に必要なことは何か


電子書籍を閲覧する場合、テキストはweb上のシステムを使って読み進めていきます。つまり、紙面の書籍とは違い、パソコンやタブレットなどでインターネットができる環境であれば、どこにいても本を読むことができます。これだと、製本したり、印刷したりする必要がなく、さらに在庫を抱える必要もありません。では、いったいどういったことが必要になってくるのでしょうか。
電子書籍を発行する場合、大きくかかる費用として出版費用と電子書籍製作費があります。さらに、ISBNコード(国際標準図書番号)を付けるのであれば、別途金額が必要になってきます。出版社によって異なりますが、契約期間内であれば、それ以外の金額が不要なことが多いです。「解約をしたい」とこちらからコンタクトを取らなければ自動延長される仕組みになっています。当然その場合も、費用は掛からなくなっています。
自費出版ですから、出版する内容は自身で考えます。その想いをパソコンのワードを使って書いていけば良いのです。挿入する写真やイラストも自分で撮影したり描いたりすることでデザイン料などは掛からないでしょう。このように、電子書籍は、コストを抑えて発刊することができるのです。さらに、在庫を抱えないので、在庫にかかる維持費のことも考える必要はありません。これは、大きなメリットではないでしょうか。電子書籍での出版は紙の書籍を出版するよりも遥かに安い金額でおこなえます。自費出版を目指している方にとってはとてもメリットのある市場といえるでしょう。

デメリットはあるの?


自費出版は、出版社や制作会社を経由しなくても個人で出版できるシステムです。通常書籍であれば、紙媒体ゆえの印刷費用などがかさんでしまいますが、電子書籍の場合は、それに比べ余計な費用が掛からず、比較的安い金額で製作できます。在庫を管理する維持費もかからず、書籍に比べて出版費用が安いのは明白です。メリットばかりが目立つ電子の自費出版ですが、実は意外なところにデメリットが潜んでいます。ここでは、数少ないデメリットを紹介します。
まず、電子書籍で出版する場合は、パソコンと自分が書きたい内容(テキスト)があればすぐに出版することができます。この点はスムーズに出版するにあたって、紙媒体より優れている点といえるでしょう。しかし出版するには、出版できる形式をとらなければなりません。ソフトは、無料のものから有料のものまで幅広いので、自身が分かりやすいものを選ぶようにすると良いでしょう。フリーツールはいろいろありますが、専門知識が必要なものもあります。Webに強ければ問題ないですが、こうしたソフトを使うことが苦手であれば、少し勉強が必要になります。
さらに、本の宣伝も必要です。これは、紙の書籍でもいえることですが、せっかく出版したのであれば多くの人に読んでもらいたいと考えるのが常です。さらに、どなたかに購入してもらうことで著作権料が発生します。ですが、出版会社によっては、多くの著作権料を著者へ還元してくれるところもあるのです。さらに、出版サイトによっては、新着本としてサイトのトップページで紹介してくれるところもあります。これなら、多くの人の目に留まり購入してもらえる機会が増えます。
出版社やサイトによっては、こうしたデメリットもメリットになることもあります。たくさんのサイトがありますので、自身で見極めて選択してみましょう。紙の書籍に比べて安い価格で発刊できる電子書籍で、ぜひ想いの詰まった本を発刊してみませんか。

次の記事へ
ページTOPへ