自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

新 刊 
CATEGORY
小説 東照宮

小説 東照宮

栁 光人
ISBN: 9784434235290 / 2017年7月発売 / 1620 円(税込)

怪僧南光坊天海。その謎の正体と恐るべき野望とは。「東照宮」に秘められた願いが、今解き明かされる…。圧倒的スケールで描く戦国伝奇ロマン!

10万年待てますか? 放射性廃棄物は極限光技術を使ってなくすことができる

10万年待てますか? 放射性廃棄物は極限光技術を使ってなくすことができる

山下幹雄
ISBN: 9784434234811 / 2017年7月発売 / 2700 円(税込)

地球の生命を脅かす原発事故。今後もこの発電方式を利用し続けるには、廃棄物を地下に長期保存するしか方法がないのだろうか。技術的な壁やコスト、永続性、安全性、装置サイズなどの課題に対して、最新の光技術が果たす可能性を探る。光研究の第一人者が著した必読の書で、世界に類を見ない方法を明示している。

スボラ農業入門 日本の発展・繁栄、地方創生に向けて

スボラ農業入門 日本の発展・繁栄、地方創生に向けて

Matsu釋永
ISBN: 9784434234255 / 2017年7月発売 / 2000 円(税込)

日本発展のカギを握る農業。農地の集約と大規模化、企業の参入、六次産業化などが進められていく中、個人で始める負荷の少ない自然農法を提唱する。人口減少や高齢化、環境対策にも対応する哲学から季節ごとの栽培方法までを解説。

不治の病・劇症1型糖尿病から回復へ(2型糖尿病にも朗報)【実録】私は糖尿病の苦境を脱して元の日常を取り戻した

不治の病・劇症1型糖尿病から回復へ(2型糖尿病にも朗報)【実録】私は糖尿病の苦境を脱して元の日常を取り戻した

和地義隆
ISBN: 9784434235214 / 2017年6月発売 / 3000 円(税込)

第1章 突然の発症、パニック(正月に身体が何となく/それは突然に起きた ほか)/第2章 闘病・何とか治したい(アシタバを限界量まで食べる/インスリン注射が効き過ぎる? ほか)/第3章 インスリンが出始めた?(自力での血糖値コントロールに挑戦する/回復し始めたのではないか ほか)/第4章 回復へのメカニズムの研究(再現実証と効果物質の特定/再現実証研究について 

人生を変えるヒントはある

人生を変えるヒントはある

前田勝利
ISBN: 9784434235030 / 2017年6月発売 / 1296 円(税込)

社会に起こる出来事のカラクリ、罠、裏事情、本質とは…経験から得た相場に関する門外不出の極意を明かす。米国同時多発テロ(9.11)時の実態を数字で表した内容にも注目。対処要領(5つの視点)、基本スタンス(いつ買うか、どこで売るか)、心構え、逆エネルギー指数効果、儲かる人の特色など、相場の世界で実践に役立つヒントが満載。

気づきと感謝で、苦を楽に変える道を学ぶ 還暦からの旅立ちー日本語教師として

気づきと感謝で、苦を楽に変える道を学ぶ 還暦からの旅立ちー日本語教師として

濵邊秀喜
ISBN: 9784434235412 / 2017年6月発売 / 1080 円(税込)

還暦を迎えて決意したことは「今後は組織や権威に頼ることを一切やめ、自立した個人として生きて行こう」ということ。61歳でイギリスへ留学し、現在も日本語教師として活躍する著者による、思索と行動の半生記。

頭が良くなる言葉遊び―回文句集

頭が良くなる言葉遊び―回文句集

小渕哲夫
ISBN: 9784434235405 / 2017年6月発売 / 756 円(税込)

老いも若きも―作って楽しむ。読んで楽しむ。傑作、快作、驚作、奇作、苦作…5百余句!!

季節感と少年時代

季節感と少年時代

生田 魅音
ISBN: 9784434234828 / 2017年6月発売 / 1296 円(税込)

四季折々の少年期の思い出。懐かしくも儚いエピソードの数々を素朴なイラストと共にまとめた感動と癒やしの一冊。

身心と自然のつながり―精神世界から見る人間の奥底

身心と自然のつながり―精神世界から見る人間の奥底

加藤彰男
ISBN: 9784434233791 / 2017年6月発売 / 1296 円(税込)

“人間とは何か”人間は真空包含生命体(Homo=bio‐vacuum)である。青年期の“アハ体験”(覚醒)をもとに研究を続ける著者が、文理シナジー学会で発表してきた10回の研究論文をまとめた人生の啓蒙書。その哲学的持論をいま世に問う。文理シナジー学会学術奨励賞受賞。

三四郎と東京大学―夏目漱石を読む

三四郎と東京大学―夏目漱石を読む

竹本公彦
ISBN: 9784434234804 / 2017年6月発売 / 1728 円(税込)

漱石が亡くなってから100年。彼と同じ学舎を卒業した著者が、母校の東京大学を舞台にした小説『三四郎』を解説する。大正13年発行の「漱石全集」から多数引用し、当時の日本の文化や若者たちの心模様を探った。

ページTOPへ