自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

新 刊 
CATEGORY
写真集 蓮池の仲間たち あまがえる

写真集 蓮池の仲間たち あまがえる

伊比輝治
ISBN: 9784434250057 / 2018年8月発売 / 1620 円(税込)

「勤勉なカエル」や「ぐーたらなカエル」カエルにもいろんな性格がある?不思議な経験をしたひと夏の写真集。

心をつなごう

心をつなごう

野口直美
ISBN: 9784434251047 / 2018年8月発売 / 864 円(税込)

幼い頃の思い出。そして社会人としての様々な体験。心の繋がりの大切さを教えてくれる回顧録。

敗戦の満州に立ちて「奇跡の張り紙」

敗戦の満州に立ちて「奇跡の張り紙」

首藤タツ子
ISBN: 9784434249983 / 2018年8月発売 / 1080 円(税込)

多くの若者たちを死に追いやる戦争は、世界中の母親の手で絶対に止めなければ―昭和20年8月、20歳だった著者は満州の地で終戦を迎えた。混乱の中、夫との奇跡の再会を果たし、生まれたばかりの子供を連れて日本に帰国するまでの日々を綴った。

「天台学」―仏の性善悪論

「天台学」―仏の性善悪論

竹本公彦
ISBN: 9784434249655 / 2018年8月発売 / 2160 円(税込)

明代の天台学者伝灯が著した『性善悪論』とは何だったのか。それまでの観念に異を唱えた理由とその中身について解説し、独自の思想が形成された過程にも触れていく。

理沙66歳

理沙66歳

岡村ジュン
ISBN: 9784434249334 / 2018年8月発売 / 756 円(税込)

愛、性、憎悪、別離、そして50年目の邂逅…様々な人生を75のエピソードで綴る。交差する過去と現在。

卑弥呼と継承者たち 女王(巫)と大王と妃

卑弥呼と継承者たち 女王(巫)と大王と妃

大久保久能
ISBN: 9784434250552 / 2018年8月発売 / 2160 円(税込)

古墳が語る歴史の流れと古代からのメッセージ―。他の古墳との関係性や造営時期、埋葬者まで、全ての謎は古墳の向きが示していた。「奈良」「大和」「河内和泉」の古墳群を上空から眺め、見えてきたものとは何か。

続・アッ!とおどろく宇宙論 この物理学は冗談なのだろうか?

続・アッ!とおどろく宇宙論 この物理学は冗談なのだろうか?

一休ス兵衛
ISBN: 9784434249686 / 2018年8月発売 / 1512 円(税込)

物理学の画期的新理論!平易な語り口で、宇宙論と物理学の新たな地平を拓く。サイエンスファンタジーの完全版、満を持して登場!

枝垂れ桜と瑠璃の空

枝垂れ桜と瑠璃の空

工藤伸一
ISBN: 9784434247910 / 2018年8月発売 / 1296 円(税込)

守りたい、かけがえのない人を。短い生涯を精一杯生きた少女と優しく支えた男の淡い恋物語。大切な人を思いやる心、温かで切ない珠玉の作品集。 『いつか上高地でフルートを』に続く第2作。

沖縄最大のタブー琉神「尚円」

沖縄最大のタブー琉神「尚円」

山下智之
ISBN: 9784434249372 / 2018年7月発売 / 1512 円(税込)

琉球王朝の始祖「尚円」。沖縄に移住した主人公が、謎の老人に導かれるようにして王の足跡をたどる物語。5年の歳月をかけ沖縄の史跡を巡る旅を続けた著者によって、その素顔と歴史に埋もれた出来事が明らかになっていく。

陰の系譜 -くにふちのそんざい-

陰の系譜 -くにふちのそんざい-

小嶋勇四郎
ISBN: 9784434248887 / 2018年7月発売 / 1944 円(税込)

曲亭馬琴が描いた「伏姫」のモデルとはどんな人物だったのか。公家であったとされる「足立遠元」はなぜ武蔵国足立郡の武士になったのか。藤原朝忠が猶子とした「国淵」の存在が意味することとは…。

ページTOPへ