tel:0120400748
(大阪) 大阪市福島区海老江5-2-2 大拓ビル5-710【→地図】
(東京) 東京都新宿区西新宿8-11-10 星野ビル3階【→地図】
自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

新 刊 
CATEGORY
霧ヶ岳の“のろし” 小倉藩・白黒騒動

霧ヶ岳の“のろし” 小倉藩・白黒騒動

石井郁男
ISBN: 9784434306495 / 2022年7月発売 / 1,980 円(税込)

小倉藩の根底を揺るがした「白黒騒動」。その首謀者として処断された上原与市は本当に反逆の大罪人だったのか? 事実を調査し、歴史を繙き、そして明らかになる事件の顛末とはーー日本最大級の御家騒動の真実に迫る、入魂のノンフィクション歴史小説!

幼児向け絵本 おねえちゃんになったよ

幼児向け絵本 おねえちゃんになったよ

やまだにしこ
ISBN: 9784434307188 / 2022年7月発売 / 1,100 円(税込)

ママとおねえちゃんの家に、あかちゃんのおとうとくんが なかまいり。
母性愛と姉弟の睦み合いを描き、ほのぼのとする幼児向け絵本です。

写真集 流星群/大彗星 宇宙からのメッセージ

写真集 流星群/大彗星 宇宙からのメッセージ

駒澤 満晴
ISBN:  9784434306082 / 2022年7月発売 / 1,980 円(税込)

世界初! 流星と彗星の写真集。主要流星群をはじめ、58年ぶりに出現した“ほうおう座流星群″、全国的に悪天だった“ヘールボップ彗星″の近日点通過後の貴重なシーン、世界の絶景に輝く流星写真、その他、星にまつわるショートエッセイも楽しい。

長寿社会を生き抜くための“武器”を持て! “ストレス”よさらば!

長寿社会を生き抜くための“武器”を持て! “ストレス”よさらば!

宮崎義則
ISBN: 9784434305085 / 2022年7月発売 / 1,650 円(税込)

現代の長寿社会を生き抜くためには「武器」が必要。本書は、個々の人々の健康長寿のための工夫にとって、多くのヒントを含んでおり、高齢社会における力強い「武器」の一つになると思われる。長寿の大敵であるストレスと決別する方法を提言したヘルスケア指南書!

「ちょこっと」を普通に生きて サラリーマン 丈二

「ちょこっと」を普通に生きて サラリーマン 丈二

美囲家 恭
ISBN: 9784434305191 / 2022年7月発売 / 1,210 円(税込)

郷に入っては郷に従え、とは言うけれど…。帰郷後、都会と地方との価値観の違いに苦悩する丈二。努力も報われず、待っていたのは残酷なリストラ宣告だった。小説風追想記、第三弾・サラリーマン篇!

司馬遼太郎『菜の花の沖』と北前船〈増補版〉

司馬遼太郎『菜の花の沖』と北前船〈増補版〉

塩見 英治
ISBN:  9784434305986 / 2022年7月発売 / 990 円(税込)

中央大学名誉教授であり日本交通学会名誉会員の著者が、嘉兵衛を描いた司馬遼太郎の作品に触れ、人間的な魅力とその足跡を辿りながら、当時の日本の情勢や北前船が運んだ物資、果たした役割などを紹介する。江戸後期に活躍した廻船業者、高田屋嘉兵衛。

ギリ飯 2 人生ギリギリご飯

ギリ飯 2 人生ギリギリご飯

北島直子
ISBN: 9784434305382 / 2022年6月発売 / 880 円(税込)

レジ係の頼子、トラック運転手の孝夫、ギョーザ屋の敏明、ストッキング工場の義男、犬のコタロー。“おばんざい屋くるくる”を訪れるお客さん達が出くわした人生ギリギリの「事件」とは?ハラハラドキドキに季節の味も合わせて楽しめる極上のグルメ&オムニバス小説。

八十五歳 これまでも これからも - 書いて 詠って お酒を飲んで

八十五歳 これまでも これからも - 書いて 詠って お酒を飲んで

伊藤松三
ISBN:  9784434303838 / 2022年6月発売 / 1,430 円(税込)

エッセイを書き、詩吟を詠い、夕餉どきにはコップ一杯のお酒をひとり嗜む。悲しみも喜びも静かに噛みしめるその生活は、不思議な豊かさに満ちている。「別れ」「花」「お酒」「詩吟と詩舞」「ふるさと今昔」「茶飯事」「一歩外は」の七つのテーマでつづられる、珠玉のエッセイ集。

錆びた拳に花束を

錆びた拳に花束を

田中泰樹
ISBN: 9784434304927 / 2022年6月発売 / 2,200 円(税込)

ボクシングに魅せられた人々の想いと、その後の運命を巧みに織り交ぜて描いた“アウトボクシング誕生”の物語!

詩集 君にしてあげられること

詩集 君にしてあげられること

苗田英彦
ISBN: 9784434303845 / 2022年6月発売 / 1,100 円(税込)

国立大学卒業後、地方公務員として都市計画行政に携わるも、28歳の時に不安神経症を発症。統合失調症での入院を機に始めた詩作がモノクロームの日々を鮮やかに染めた。入退院を繰り返す中で育んだ妻との深い信頼、愛情、そして感謝のこころが織り成す待望の第二詩集。

ページTOPへ