自費出版の風詠社 HOME → コラム →

詩集は自費出版できる?費用や手順、注意点を解説
長年、書きためた詩があるなら、詩集にして自費出版してはいかがでしょうか。自費出版なら少ない部数でも……

絵本の自費出版とは?印税や費用、流れ、メリット・デメリットを解説
子どもたちを笑顔にしたい人やすてきなストーリーを考えている人などにとって、自費出版は絵本作家になる近道です。今回は絵本を自費出版する……

自費出版で文庫本をつくろう!文庫本のサイズや文字数などポイントを解説
自費出版してカジュアルな「文庫本」をつくってみたい方もいるでしょう。結論からいえば、自費出版でも文庫本はつくれます。……

自己出版とは?自費出版との違いや費用を解説
自己出版と自費出版は一見似ているようにも見えますが、実は全くの別物といえます。ここでは、自己出版と自費出版との違いや……

自費出版作品を国会図書館に献本することが可能?納本制度とは?
自費出版でつくった作品は、国会図書館に納本することができるのはご存知でしょうか。 いまは誰でも自分だけの本がつくれる時代ですが、そ……

自費出版で楽譜を出版することは可能?費用相場はいくら?
楽譜を自費出版すれば、「自分の好きなデザイン・楽曲を選べる」「他の人と楽譜を共有できる」等のメリットがあります。 とはいえ自費出版……

自叙伝を自費出版するのは難しい?
「これまで人生で起こったさまざまなエピソードを自叙伝として形に残しておきたい」―そう考える方は少なくありません。 著名人であれば出版社が制作費の負担をする商業出版も可能かもしれませんが、一般的に……

自費出版の原稿の作り方を解説
自費出版の原稿の作り方には、パソコンを使う方法と、原稿用紙やレポート用紙に手書きで作成する方法があります。 パソコンで作成する場合……

自費出版と同人誌の違いは?
有名な作家などでもない場合、自分の執筆した本を出版することはなかなか難しいものです。しかし、「自費出版」や「同人誌」という方法であれ……

自費出版費用の経費まとめ!勘定科目は?
自費出版を検討するときは、まとまった金額が必要になります。場合によっては数百万円単位の費用がかかることもあるため、出版費用を経費とし……

自費出版を本屋に置いてもらう方法を解説
自費出版の本を多くの人に読んでもらうため、本屋に置いてもらえないか考える方もいるでしょう。しかし、どのようにすれば本屋に置いてもらえ……

書籍の著作権・版権・著作権印税などの本の権利関係を徹底解説
著作権は、小説や絵画、写真などの「著作物」を創作した「著作者」に対し、自動的に与えられる知的財産権です。簡単に説明すると、著作物の公表方法や表示、内容について第三者が勝手に改変したり、著作物を無断で使……

実売部数・発行部数・初版部数の違いと出版部数の推移をジャンル別に解説!
本の広告やポップにはどれくらいの部数突破している人気作かということが書かれていることがあります。しかしその部数が実売部数・発行部数・初版部数のどれを指しているのか書かれていないことも多いです。 ……

サラリーマンの副業になぜライターがおすすめ?その理由と稼ぎ方を解説
サラリーマンとして働く中で、「もう少し給料が欲しい」と思われる方は多いはず。収入を増やす手段として、副業を選択する方は多いでしょう。 実際、総合人材サービスグループが行った調査によると、副業を行……

自分史の書き方を解説!上手に自分の歴史をまとめるコツは?
厚生労働省が公表した「簡易生命表(令和元年)」によると、日本人の男性の平均寿命は81.41歳、女性の平均寿命は87.45歳だそうです。 「定年で退職したら隠居する」などという一昔前とは違い、長い人生……

【自作の漫画コミック】自費出版で漫画家になるのがオススメな理由とメリットを解説
最近では各種SNSやイラスト投稿サイトなどで、自作の漫画をアップする方が増えてきました。時間をかけて描いた漫画を誰かに見てもらいたい・楽しんでもらいたいという想いが、叶いやすくなっている時代です。 ……

「です・ます調」と「である調」の違いと使い方・注意点を解説

「です・ます調」と「である調」の違いと使い方・注意点を解説

文章を書く際に「です・ます調」と「だ・である調」どちらの文体で書くべきか、悩まれるかもしれません。 この2つの……

起承転結のそれぞれの意味と使い方を解説!
起承転結は、物語や話を構成するときに使います。 一度は、聞いたことがある人も多いでしょう。 しかし、間違った使い方をしている人も少なくありません。 今回は、起承転結の意味や使い方について解説……

「本を出したい!」本を出版するための手順について解説します。
「本を出したい!」と考える人は、実は少なくありません。自分の思いや考えを誰かに伝えたい、自分の作品を見て欲しいという欲求が人間にあるためでしょう。 「でも、著名な作家や有名な俳人でもない限り、自……

SF小説・ファンタジー小説の書き方のコツ4選を解説!
小説は、執筆するジャンルによって重視する点もさまざまです。 SF小説・ファンタジー小説を書くときのコツは4つあります。
  • 物語の裏設定まで細……

印税ってどうやって決まるの?仕組みやシステムについて
本を出版して売れると著者には印税が入ってきますが、実際のところ印税についてよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。 そこで、今回は印税のシステムについて解説します。
自費出版したらAmazon kindle(アマゾン キンドル)で電子書籍を販売しよう
自費出版した書籍をより多くに人に見てもらいたい、販促活動の場を広げたいという場合は、Amazon Kindle(アマゾン・キンドル)……

印税っていくら入るの?一般的な相場について解説します
印税の金額を決定するうえで大切な項目は、印税率と印税の対象になる範囲です。印税率は何%なのか、発行された部数のうちどこまでが印税の対象になるのかによって、印税の金額は大きく変化します。なお、印税率は書……

自費出版でトラブルを避けるために必要なこと

自費出版の増加とトラブル

インターネットの普及とスマートフォンの普及を背景に、人々の関心が本や雑誌などからWebコンテンツへと移行したことによって、活字離れが進んでいます。……

出版取次の役割と仕組みについて
日本の出版業界には取次という仕組みがあり、出版業務がスムーズに行われています。では、取次とはどのようなものでしょうか。また、なぜこのような仕組みが生まれたのでしょうか。取次はどのような役割をしているの……

自費出版で電子書籍を出版する際のメリットとデメリット

自分が望む本を出版できる自費出版

本を出版したいと思ったとき、三つの方法があります。一つ目は、全額自分が費用を負担して出版する 電子書籍なら安い費用で自主出版ができる

電子書籍での出版が注目されている理由

ここ数年で電子書籍を利用する人が増加している傾向にあり、今後もますます市場規模は大きくなっていくと見られています。特に近年電子書籍の市場が急成……

自費出版のメリットと電子書籍

三つの出版方法

人には創造する力があり、その創造した物語や意見を世の中に発表したいと考える人は多くいます。
その方法の最も一般的な手段は、通常の書籍、もしくは電子書籍を出版……

電子書籍の自費出版の相場や基礎知識

電子書籍の自費出版のメリット

電子書籍は、本好きな人にとって利便性の高いものです。たくさんの本を持つ必要がなく、収納スペースに困りません。
さらに、スマホやタブレッ……

電子書籍を自費出版したい!価格の相場を事前に調べる

電子書籍のメリット

最近よく聞く電子書籍とは、パソコンやタブレット端末で読むことのできる電子化された本を指します。ほとんどの場合、書籍リーダーに対応しているアプリをダウンロードし、……

1 2 3 4 次へ

ページTOPへ