自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

ノンフィクション・評論
CATEGORY
自己保身の警察ワールド―巡査から警察庁長官を超えて 司法制度から日本国憲法まで

自己保身の警察ワールド―巡査から警察庁長官を超えて 司法制度から日本国憲法まで

宇野博幸
ISBN: 9784434237522 / 2017年9月発売 / 1620 円(税込)

自己保身ゆえ誰も気付かない、気付けない、気付こうともしない。たとえ気付いたとしても言わない、言えない、言おうともしない。でも、人として当たり前の話―。40年以上、街頭犯罪と戦った元サムライ警察官の激白メッセージ!

座右の秀雄

座右の秀雄

鷲﨑能弘
ISBN: 9784434237515 / 2017年9月発売 / 1620 円(税込)

『本居宣長』の“謎解き”を主軸に、この畢生の大著へと至る波乱に満ちた思想劇の紆余曲折を描き、全く新しい“軋轢型”の小林秀雄像を提示した画期的な論考。

「眠り」と「夢」のなぜなぜなーぜ―臨死体験は夢見現象です

「眠り」と「夢」のなぜなぜなーぜ―臨死体験は夢見現象です

杉山弘道
ISBN: 978-4434237355 / 2017年8月発売 / 1512 円(税込)

なぜ夢を見るのか。なぜ不眠症が増えたのか。なぜ植物には眠りがないのか…。自身の夢を記録しながら睡眠時思考の研究を続ける医師が、様々な「なぜ?」に答える眠りと夢のユニークな解説書。

人生の標準時計―苦悩なく生きる術

人生の標準時計―苦悩なく生きる術

安達瑞光
ISBN: 9784434235481 / 2017年8月発売 / 1620 円(税込)

生き方上手の術を身につければ、悩み苦しみの迷路から抜け出せる。人生の標準時計に生き方を合わす。―「世の中」は、なるようにしかならぬものなり。“心の悩み・人生相談”二十年の禅僧が語る!

現在の新聞漫画を読む―ひなちゃんの日常/コボちゃん/みこすり半劇場/がじゅまるファミリー/おばぁタイムス

現在の新聞漫画を読む―ひなちゃんの日常/コボちゃん/みこすり半劇場/がじゅまるファミリー/おばぁタイムス

竹本公彦
ISBN: 9784434235917 / 2017年7月発売 / 1296 円(税込)

漫画論の著作で知られる哲学者が、新聞各紙で連載中の作品の中から時代を反映した特徴的な漫画5点を紹介する。私たちの日常に癒しを与えてくれるその魅力と可能性について論じた、現代漫画文化論最新版!

スボラ農業入門 日本の発展・繁栄、地方創生に向けて

スボラ農業入門 日本の発展・繁栄、地方創生に向けて

Matsu釋永
ISBN: 9784434234255 / 2017年7月発売 / 2000 円(税込)

日本発展のカギを握る農業。農地の集約と大規模化、企業の参入、六次産業化などが進められていく中、個人で始める負荷の少ない自然農法を提唱する。人口減少や高齢化、環境対策にも対応する哲学から季節ごとの栽培方法までを解説。

不治の病・劇症1型糖尿病から回復へ(2型糖尿病にも朗報)【実録】私は糖尿病の苦境を脱して元の日常を取り戻した

不治の病・劇症1型糖尿病から回復へ(2型糖尿病にも朗報)【実録】私は糖尿病の苦境を脱して元の日常を取り戻した

和地義隆
ISBN: 9784434235214 / 2017年6月発売 / 3000 円(税込)

第1章 突然の発症、パニック(正月に身体が何となく/それは突然に起きた ほか)/第2章 闘病・何とか治したい(アシタバを限界量まで食べる/インスリン注射が効き過ぎる? ほか)/第3章 インスリンが出始めた?(自力での血糖値コントロールに挑戦する/回復し始めたのではないか ほか)/第4章 回復へのメカニズムの研究(再現実証と効果物質の特定/再現実証研究について 

人生を変えるヒントはある

人生を変えるヒントはある

前田勝利
ISBN: 9784434235030 / 2017年6月発売 / 1296 円(税込)

社会に起こる出来事のカラクリ、罠、裏事情、本質とは…経験から得た相場に関する門外不出の極意を明かす。米国同時多発テロ(9.11)時の実態を数字で表した内容にも注目。対処要領(5つの視点)、基本スタンス(いつ買うか、どこで売るか)、心構え、逆エネルギー指数効果、儲かる人の特色など、相場の世界で実践に役立つヒントが満載。

気づきと感謝で、苦を楽に変える道を学ぶ 還暦からの旅立ちー日本語教師として

気づきと感謝で、苦を楽に変える道を学ぶ 還暦からの旅立ちー日本語教師として

濵邊秀喜
ISBN: 9784434235412 / 2017年6月発売 / 1080 円(税込)

還暦を迎えて決意したことは「今後は組織や権威に頼ることを一切やめ、自立した個人として生きて行こう」ということ。61歳でイギリスへ留学し、現在も日本語教師として活躍する著者による、思索と行動の半生記。

三四郎と東京大学―夏目漱石を読む

三四郎と東京大学―夏目漱石を読む

竹本公彦
ISBN: 9784434234804 / 2017年6月発売 / 1728 円(税込)

漱石が亡くなってから100年。彼と同じ学舎を卒業した著者が、母校の東京大学を舞台にした小説『三四郎』を解説する。大正13年発行の「漱石全集」から多数引用し、当時の日本の文化や若者たちの心模様を探った。

ページTOPへ