自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

専門書・研究書
CATEGORY
「天台学」―仏の性善悪論

「天台学」―仏の性善悪論

竹本公彦
ISBN: 9784434249655 / 2018年8月発売 / 2160 円(税込)

明代の天台学者伝灯が著した『性善悪論』とは何だったのか。それまでの観念に異を唱えた理由とその中身について解説し、独自の思想が形成された過程にも触れていく。

卑弥呼と継承者たち 女王(巫)と大王と妃

卑弥呼と継承者たち 女王(巫)と大王と妃

大久保久能
ISBN: 9784434250552 / 2018年8月発売 / 2160 円(税込)

古墳が語る歴史の流れと古代からのメッセージ―。他の古墳との関係性や造営時期、埋葬者まで、全ての謎は古墳の向きが示していた。「奈良」「大和」「河内和泉」の古墳群を上空から眺め、見えてきたものとは何か。

続・アッ!とおどろく宇宙論 この物理学は冗談なのだろうか?

続・アッ!とおどろく宇宙論 この物理学は冗談なのだろうか?

一休ス兵衛
ISBN: 9784434249686 / 2018年8月発売 / 1512 円(税込)

物理学の画期的新理論!平易な語り口で、宇宙論と物理学の新たな地平を拓く。サイエンスファンタジーの完全版、満を持して登場!

陰の系譜 -くにふちのそんざい-

陰の系譜 -くにふちのそんざい-

小嶋勇四郎
ISBN: 9784434248887 / 2018年7月発売 / 1944 円(税込)

曲亭馬琴が描いた「伏姫」のモデルとはどんな人物だったのか。公家であったとされる「足立遠元」はなぜ武蔵国足立郡の武士になったのか。藤原朝忠が猶子とした「国淵」の存在が意味することとは…。

こころはなぜ生まれなぜ変わるのかー脳のエネルギー代謝のふしぎー

こころはなぜ生まれなぜ変わるのかー脳のエネルギー代謝のふしぎー

劔 邦夫
ISBN: 9784434248207 / 2018年7月発売 / 1296 円(税込)

AIもいつか「こころ」を持つのだろうか。脳の疲れや悩みはDMNによって生まれる。未だ解明されていない脳疲労システムをエネルギー代謝の面から考察する。

身体が語る心の声 身体言語について

身体が語る心の声 身体言語について

定塚 甫
ISBN: 9784434247637 / 2018年6月発売 / 1296 円(税込)

身体の不調や癖などに表れる「人の性格」や「隠れた感情」とはー精神病理学と認知行動科学に詳しい精神科医が、様々な実例を紹介しながら「身体と心の関係」について解説した注目の書。

日本文化概論

日本文化概論

高 慶元
ISBN: 9784434244421 / 2018年5月発売 / 1080 円(税込)

20代から来日、高知大学や新潟大学で学び、現在は煙外台大学外国語学院で、「日本文化論」「日本企業経営」「上級日本語」などの教える著者が、
日本文化についてまとめた本書は、日本に興味のある外国人はもちろん、日本人が読んでも,自国文化や社会について新しい発見があることでしょう。

仏教解略

仏教解略

中村 匠
ISBN: 9784434244759 / 2018年3月発売 / 1296 円(税込)

四十数年前、思弁的哲学の知的産物として仏教に興味を抱き、諸国仏趾を巡り、仏教学に専心してきた著者の集成本。仏教以前のインド思想の歴史的経緯から現代までを平易に解説。

氷所太平記

氷所太平記

中川興史
ISBN: 9784434240935 / 2018年2月発売 / 2160 円(税込)

江戸期を中心とした農村の暮らしとは、どんなものであったのか…。京都府南丹市氷所村の旧家に残された古文書全三巻には、天正年間から明治中期までのおよそ三百年間にわたる人々の生活が記録されていた。

目録で読む北奧新田農民生活史

目録で読む北奧新田農民生活史

舘山 誠
ISBN: 9784434240867 / 2017年12月発売 / 2000 円(税込)

津軽の舘山家に残された貴重な史料の数々をまとめる。
第1部 舘山藤右衛門家史資料目録編(村況/村政/租税/農地改革/消防/水利/教育/中泊共栄会 ほか)/第2部 画像史資料と翻刻・分析編(画像史資料一覧/翻刻・分析史資料一覧)

ページTOPへ