自費出版の風詠社 HOME → 書籍紹介

書籍紹介

文芸(小説・詩・エッセイ)
CATEGORY
殺されたのは誰だ

殺されたのは誰だ

E.C.R.ロラック 松本真一(翻訳家)
ISBN: 9784434260049 / 2019年4月発売 / 1,296 円(税込)

殺されたのは誰だったのか?そして、どんな方法で殺害されたのか?真犯人が明らかにされた時、全ての伏線が繋がる。英国黄金期の息吹を伝える本格ミステリ、今や原著も入手困難な作品をついに初邦訳!

風鐸と緑の風 覚鑁上人に魅せられて

風鐸と緑の風 覚鑁上人に魅せられて

加納劼
ISBN: 9784434258565 / 2019年4月発売 / 1,620 円(税込)

平安時代後期、百姓と運搬業の六郎太(稜法)を通して、真言宗中興の祖とされる覚鑁(興教大師)の姿を描いた力作。当時の時代状況や仏教の高僧の精神性を感じ取るだけでなく、いにしえの風景、地名などロードムービー的描写も楽しめる。

闇の中の猿―真説・大塩平八郎文政風聞録外伝

闇の中の猿―真説・大塩平八郎文政風聞録外伝

石田 正之
ISBN:  9784434258589 / 2019年4月発売 / 1,296 円(税込)

江戸文政年間、江戸三大遊郭の一つ大坂新町遊郭を舞台に繰り広げられる大捕り物事件。大坂東町奉行所与力・大塩平八郎の功績「官吏糾弾」の全貌が明らかに。大塩処刑の地ー鳶田での息詰まる死闘が面白い!奉行所配下の諜報員闇の中の“猿”とはいったい何者なのかー。

マニラの夕日

マニラの夕日

田中勝成
ISBN: 9784434257247 / 2019年2月発売 / 1,620 円(税込)

マニラ湾を紅く染める夕日の下で蠢く闇のビジネスーヤクザとストリート・チルドレンの義兄弟が追う「ブラッディ・マリー」の正体とは!?“日・比国の性暴力の連鎖を描くバイオレンス小説”。

鉄格子 詩集

鉄格子 詩集

山田にしこ
ISBN:  9784434255915 / 2019年1月発売 / 1,080 円(税込)

ひとつより二人/ふたつのこころ/題なしの章/お便り/2012年2月29日/ドリームランナー/あたらしいわたし/あなたはどちらさま/いのち/いま、どこかに居るあなたへ〔ほか〕

犬について私が語れること 十の断片 詩集

犬について私が語れること 十の断片 詩集

汐海治美
ISBN: 9784434255229 / 2019年1月発売 / 864 円(税込)

10年余共に暮らしてきた愛犬「桃ちゃん」。生きて今ここにある存在同士の、濃密なふれあいの空間と時間が閉じ込められた詩集。

介護川柳おもいやり 「一日一句」五年間の集大成

介護川柳おもいやり 「一日一句」五年間の集大成

八雲憲司
ISBN:  9784434255274 / 2019年1月発売 / 1,512 円(税込)

人のやさしさに触れ、季節を感じながら暮らす高齢者たちの日常を詠った作品集。

僕と俺とのつぶやきキャッチボール 詩集

僕と俺とのつぶやきキャッチボール 詩集

足達光夫
ISBN: 9784434255168 / 2018年12月発売 / 864 円(税込)

第2詩集から30年を経て、70歳を前にした著者の第3詩集。

手風琴 掌編小説集

手風琴 掌編小説集

福庭恵子
ISBN: 9784434255212 / 2018年12月発売 / 1,080 円(税込)

掌編に籠められたファンタスティックな世界ー思わず誘い込まれる、20代の作品23編を収録。

口で言えヌが足でモノ申す

口で言えヌが足でモノ申す

愛舞田薔花子
ISBN: 9784434253843 / 2018年11月発売 / 1,080 円(税込)

人生に思い悩み葛藤しながら障がい者で40年を生きてきた。納得できない現実に立ち向かいながら、明るく振る舞うフツーの女性である。みんな同じ人間なんだと気づけば、人はもっと優しい気持ちになれる。生きるのが辛い人や将来に希望が持てない人たちへ贈るメッセージ。

ページTOPへ