自費出版の風詠社 HOME → 電子書籍の自費出版

電子書籍の自費出版

電子出版しませんか

電子出版は、紙の本と比較して、印刷製本費と書店流通管理費 (在庫管理 )が不要ですので、大幅に安く出版が可能です。
風詠社では電子書籍を制作し、電子書店「BookWay」内の「風詠社eBooks」及びアマゾンKindle、楽天kobo、iBook store 他20数店にて販売いたします。(https://bookway.jp/fueisha/
電子書籍定価は著者に決定していただき、売れた本は著作権使用料としてその70%をお渡しいたします。
〔月末締め翌々月の月末支払いとなります。ただし月間の売上が3,000円未満の場合、翌月に繰り越します〕
原稿をお送りいただきましたら、電子出版に要する見積書を作成し、お送ります。

Book Wayの特長として、運営会社が印刷会社のために、電子書籍のデータを、オンデマンド印刷し、紙の書籍として製作・販売も行います。従いまして、以前出版された紙の本の在庫がなくなり、絶版状態の方も、電子出版するとともにオンデマンド本で紙の本としても販売できます。

電子書店「BookWay」

ご契約内容について

1
出版契約期間は3年としますが、解約のご希望がない限り自動延長されます。
2
出版契約を解除した後も、電子書籍を購入された方は最長3年間の閲覧可能期間があるため、「Book Way」サーバーには データを保持できるものとします。
3
電子書籍データは「Book Way」に属するものとします。

詳しくは「電子書籍出版の手引き」をご覧ください。

電子出版をお考えの方へ
電子書店「風詠社」
電子書籍出版の手引

風詠社が出店している電子書店BookWay(小野高速印刷株式会社運営)は自費出版や専門書を中心とした電子書籍の出版・販売を行っています。
電子書店とはインターネットを利用して世界中に販売ができるインターネット上の書店です。編集済みデータを独自の電子書籍形式に変換し、BookWayマーケット内「風詠社」書店にて電子書籍とオンデマンド本(注文を受けてから1冊ずつ製作する書籍)または出版本(既に印刷製本された書籍)を販売できます。電子書籍の出版にあたっては、紙書籍の契約とは別契約になり、著者とBookWay(小野高速印刷)との間で契約書を交わしていただきます。
以下に販売契約の種類を列記いたします。

契約情報 BookWayでの販売形式
電子書籍出版 オンデマンド出版 在庫書籍販売委託 アマゾン登録代行
A.これから出版したい
※書籍製作については別途契約
B.風詠社から紙の書籍を出版した
×
C.他社から出版(電子・紙)した
×

は条件次第で可能なものです。

1.既刊本の電子出版申込みについて

※ 新規に出版(電子・紙)をお考えの方には風詠社が電子書籍制作を含む企画見積書を作成します。

1
インターネット環境をお持ちの方
BookWayサイト(http://bookway.jp)にて会員登録を行い、BookWayマーケット内の風詠社書店のページにある書籍登録申込みフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。確認の上、BookWayからご連絡を差し上げます。
2
インターネット環境が無い方
電子書籍出版お申込み書を郵送しますので、必要事項をご記入の上、郵送またはFAXにてお申し込み下さい。
確認の上、BookWayからご連絡を差し上げます。

2.出版契約と出版まで

出版申込みの受付を行った後、BookWayで出版契約書を2通作成してお送りいたします。ご確認の上捺印していただき、内1通を同封の返信用封筒にてご返送下さい。出版料金は契約後1週間以内に指定の銀行口座へお振り込みいただきます。販売開始は契約後2週間程度です。
尚、書籍データは風詠社よりBookWayへ直接送られます。

3.出版費用について

BookWayでの電子出版費用は10,000円(消費税別)となっています。(但し、電子書籍制作費は別途必要です。)ISBNコード(国際標準図書番号)付与ご希望の場合は別途3,000円(消費税別)が必要です。契約期間中はこの金額以外は不要です。(出版契約期間は3か年ですが、解約の申し出が無い限り自動延長されます。その場合も費用はかかりません。)

  • アマゾン販売やBookWay経由にて他社電子書店で販売を行うサービスを受ける場合にはISBNが必要です。
  • 風詠社の書店流通型出版本のISBNとは別コードを付ける必要があります。

4.著作権料(印税について)

1
「著作物利用許諾および出版契約」を締結した方(電子出版+オンデマント本販売の場合)
電子書籍販売でもオンデマンド本販売でも、電子書籍販売価格の70%を著作権使用料として著者へ還元いたします。
2
「著作物利用許諾および販売委託契約」を締結した方(電子出版+既刊本販売の場合)
電子書籍販売の場合は電子書籍販売価格の70%を著作権使用料としてお支払いいたします。
出版本(既に印刷・製本された書籍)はその販売価格の80%(手数料20%)を還元いたします。

5.その他のサービスについて

1
他電子書店での販売サービス
有料一律30,000円(消費税別)
BookWayは電子書店取次店MBJ(モバイル・ブック・ジェーピー)と契約を交わしており、BookWayに出版権がある書籍はMBJに登録することにより、MBJから配信を受けているアマゾンKindle、楽天kobo、アップルiBooksをはじめ各電子書店で販売が出来るようになっています。著者より承諾をいただき配信いたします。MBJの手数料は40%~60%、BookWayの手数料はMBJより還元される金額の50%です。したがって著者へ還元される著作権料は販売価格の20%~30%となります。MBJからBookWayへのご入金日を売上日として計上し、BookWayで販売された売上に対する著者への還元料と合算してお支払いいたします。
アマゾンKindle、楽天kobo、アップルiBooksをはじめ各電子書店で販売できます

【申し込み方法】
出版契約書と共に「MBJ登録承諾書」をお送りいたしますので、ご希望の方は必要事項をご記入・捺印の上契約書と一緒にご返送下さい。

2
アマゾン登録代行システム
有料10,000円+印刷・製本代(消費税別)

(注) 風詠社から書店流通型出版された書籍については当システムのご利用はできません。

BookWayと出版契約を締結している書籍に限ります。このサービスは、予め10冊~数十冊の印刷・製本をBookWayに依頼し製作した書籍をBookWayがお預かりしてアマゾンでの販売代行を行うサービスです。BookWayが発行するISBNの付与が必要ですので、他社で製作された書籍をお預かりし販売を行う販売委託契約は対象外です。費用は年間10,000円(消費税別)と予め製作する印刷・製本代金となります。ご希望の方にはBookWayが10冊~100冊(それ以上も可)を製作した場合の見積もりをご提案し、著者が部数を決定して注文していただくようになっています。アマゾン販売におけるアマゾンの手数料は40%ですので販売価格の60%を全て著者へ還元いたします。BookWayで販売された売上に対する著者への還元料と合算してお支払いいたします。

【申し込み方法】
出版契約締結後、メールまたは電話でアマゾン登録代行システム希望と販売される書籍名をお伝えいただければBookWayより「アマゾン提案書」および「アマゾン登録代行依頼書」をお送りいたします。「アマゾン登録代行依頼書」に必要事項をご記入・捺印の上ご返送いただき代金の振込が完了しましたら実行されます。

ページTOPへ