自費出版の風詠社 HOME → コラム → 自費出版の相場とは

自費出版の相場とは

自費出版をするための相場がどれくらいなのか知りたいという人は多くいるでしょう。
まず出版業界の常識を把握しておく必要があります。
一般的な商業出版(企画出版)では、制作費の相場は30%と言われています。
ですから、例えば定価が1000円の本の場合には、1冊あたりでは300円の制作費をかけることになります。
もしも部数が4000部を作成するのなら、120万円が必要となります。

このようにして大まかにして計算した制作費を元にして、出版社は色々な費用を計算します。
印刷や製本、校正や装丁などに必要な費用を捻出することになるのです。
それに合うように色々なことを決めていかなければなりませんから、例えば写真をカラーにするかどうかと言うのはこの段階で決まってきます。

基本的にはこのようになっているのですが、自費出版となると事情は異なります。
自費出版と言ってもいくつかの種類があります。
完全に個人で全てを行うのなら、執筆は自分で行って編集も自分で行い、印刷業者に発注して自分で販売活動をすると言った方法をとることができます。
このようにすれば、例えば印刷代だけで出版をする事もできます。
ただ、一般的な書籍のように、流通に載せるのはほぼ不可能ですから、販売面で苦労することになるでしょう。

当社のような出版社が、全国の書店に流通させる自費出版もあります。
ただし、著者が持ち込んだ原稿に対して、出版社が自社の出版物として出版をしても良いと判断した場合に限ります。
そして、書店などでの販売が相当数見込めると判断した場合は、出版社もある程度リスクを負って、出版の協力をしてくれるケースもあります。それが協力出版や共同出版と呼ばれるものです。

ただ、著者が有名人でもない限りは、どれほど売れるか判断は難しく、出版社が「協力出版」や「共同出版」と言っても、実際には出版社のリスクはほとんど無い場合が多いと考えられます。
ただ、著者が初版に掛かる費用を負担した場合でも、初版が完売し、まだ売れそうだという状況になれば、その後は出版社が自らのリスク負担で増刷することもあります。そうなれば、自費出版から、商業出版に移行したと言うことになります。

自費出版の相場は、書籍の仕様内容によって様々なのは言うまでもありませんが、目安となるのは、印刷費の2倍から3倍というところでしょうか。印刷会社のホームページなどで、自動見積のサービスなどを利用して、
◎エッセイ 四六判ソフトカバー 200ページ 
カバーカラー印刷 本文1色印刷
500冊制作

など、想定される書籍仕様を伝えて、書籍印刷製本費を聞いてみて下さい。
その費用の2.5倍から3倍、つまり書籍印刷製本費が30万円だったら、出版費用は75万円から90万円程度が適正な出版費用だということです。
(印刷費以外の出版費用は、編集費(校正費)、装幀デザイン費、印刷用データ作成費、流通費などが主なものです)
それ以上の見積額であれば、「協力出版」どころか、出版社は、その本がほとんど売れなくても、赤字にはならない計算だと考えられます。

紙の書籍を作るのではなくて、電子書籍を出版することもできます。
この場合には、印刷製本費や流通費(在庫費用)が掛からないので、紙の書籍の出版に比べて2分の1から3分の1程度が相場のようです。

ページTOPへ