自費出版の風詠社 HOME → コラム → 自費出版の流通とは

自費出版の流通とは

一般的に大型書店で販売されている書籍やコミック本は、流通ルートが確立されて販売されています。



まず、大型出版社が書籍を発行し、それを出版取次と呼ばれる仲介業者を通してから大型書店に並びます。



作家は原稿を出版元に収め、印刷や流通は出版元に任せ、本が売れれば印税が出版元から渡されます。



これに対して、自費出版は原稿作成から、印刷、流通まで自分で行わないといけません。





自費出版の本が売られている場所で有名なのが、コミックマーケット、コミケと言われるものです。



同人誌の即売会であり、同じ思考を持ったサークルが自分たちの書いたマンガ本を販売していますので、自費出版の書籍を買いやすい場所です。





自費出版は商業ルートのように、販売先や販売部数を確保するのが難しいです。



商業出版のように、売れなかったら被害に遭うのは出版元ではなく自分たちですので、読みを間違えて発行しすぎてしまいますと、売れなかった書籍を大量に抱えてしまいます。





でも、商業出版と違い表現の規制に問われることがありませんので、自分の書きたいことがかけるのが特徴です。



これに当てはまるのが、コミケで販売されている同人誌です。

中には過激なものも含まれていますので、あれを商業出版するのは無理な話です。

それが理由でもあるのか、コミケのサークル参加枠が毎年多数応募の為、抽選で決められています。





ところが、最近ではこの自費出版の流通に新しいスタイルが確立してきました。



それが電子書籍です。



これまでは、出版費用が高額、出版社との交渉が必要と、ハードルが高いことでした。。

しかし、電子書籍の登場で、初期費用が安いか無料、出版社を通す必要がないなど、インターネットを使えれば誰でも発行できるようになりました。





確か音楽の世界でも、昔はインディーズのCDが出回っていましたが、最近ではCDよりはインターネットで音楽を配信しているインディーズグループが存在しています。



書籍の世界でも、これと同じ事が起こっていると言えます。





ただ、自費出版に関してのトラブルが消費者センター数多く寄せられていますので、出版をするときはよく考えてから行わないといけません。





しかしながら、自分が書いた書籍が大型書店やインターネット配信されて多数の人に読まれるというのは、決して悪い事ではないと思います。



一度でいいから、自分が書いた本を自分で書店で買ってみたいものです。


商業雑誌と違い、自分の好きなようかけるのが表現の自由を地で行っているものです。

自費出版のお見積りはこちらへ

ページTOPへ