自費出版の風詠社 HOME → コラム → deumasuchou

「です・ます調」と「である調」の違いと使い方・注意点を解説

「です・ます調」と「である調」の違いと使い方・注意点を解説

文章を書く際に「です・ます調」と「だ・である調」どちらの文体で書くべきか、悩まれるかもしれません。

この2つの文体はなんとなく印象が違うだけではなく、使い方に明確な差があります。

両者の違いと使い方をしっかりと把握していなければ、読み手に正しく伝わらないかもしれません。

そこでこの記事では「です・ます調」と「だ・である調」の違いや、使い方を解説します。文章を書く上での基本的なルールとなるため、文章を書く際にはぜひ参考にしてみてください。

「です・ます調」と「である調」では与える印象が違う


「です・ます調」と「である調」の大きな違いは、読み手へ与える印象の差です。

「です・ます調」は丁寧語で統一された文体のため、読み手に丁寧で柔らかい印象を与えます。

対して「だ・である調」は敬語を使わず強い断定形をとるため、やや堅い印象を与える文体です。

このように「です・ます調」と「である調」では、読み手に与える印象が異なります。

そのため文章の内容や媒体によって使い分けることで、より読み手に伝わりやすい文章を作成できます。

「です・ます調」の特徴と使い方


「です・ます調」は正式名称では敬体と呼ばれ、文字通り「です」「ます」で終了する文体です。

語りかけるような文章になるため、読みやすく親しみやすい文章になるのが特徴です。

また読み手に同意を求めたり、柔らかく訴えかけたりするのにも適しており、以下のような文章に用いられます。
 解説文や説明書
 教科書
 ビジネス書 

ただし強く訴えかけるには不向きで、少しインパクトに欠ける面があります。

使い方としては、基本的に「〜です」「〜ます」が文末となります。

他にも「〜ました」や「〜ください」、「~ありません」といった文末も敬語にあたるため、敬体として扱われる表現です。
「である調」の特徴と使い方
「だ・である調」は正式名称では常体と呼ばれ、敬語を用いない普通の文章様式とされています。

断定することにより、説得力のある文章になるのが特徴です。

そのため正しい事実や強い意思を伝える際に適しており、以下のような文章に用いられます。
 ニュース記事
 新聞
 論文
 感想文 

ただし威圧感があり、冷たい印象を与えてしまう面があります。

また言い切り表現になるため、その文章に当てはまらない読者や反対意見を持つ人から、嫌悪感を抱かれてしまうかもしれません。

使い方としては、基本的に「〜だ」「〜である」が文末となります。

他にも「〜いる」や「〜た」、「〜だろうか」と多くのバリエーションがあり、敬体が混ざらないように注意すれば、自由な文末で締めることが可能です。
文章中に「です・ます調」と「である調」の混在がNGな3つの理由
「です・ます調」と「である調」はどちらかに統一して、混在させないのが文章を書く上での基本的なルールです。

敬体と常体を混ぜてはいけない理由として、大きく以下3つが挙げられます。
 文章が読みにくくなる
 与える印象が真逆
 文章が稚拙に見える

まずどちらかの文体に統一されていない文章は、リズムがバラバラになるため、読みにくくなります。

次に敬体は柔らかい印象を、常体は堅い印象を与えるため、それぞれ真逆の印象となります。

これらが混在していると、読み手は読み進めるたびに異なる印象を感じることになり、混乱してしまうのです。

そして2つの文体が混ざることは基本的に有り得ないので、稚拙な文に感じられてしまいます。たとえ素晴らしい内容の文章や、正しいことを述べている文章であっても、信憑性や説得力が欠けて台無しになってしまうでしょう。

このように文体を混ぜると、読みにくい文章となるので、読み手にとっては大きなストレスです。

気持ちよく読み進めてもらうためには、文体の統一がなくてはなりません。

しかし敬体の文章であっても、箇条書きやカギ括弧で囲まれた会話文は、例外的に常体を使っても問題ありません。
「です・ます調」と「である調」を正しく使い分けるとより伝わりやすい文章が書ける
「です・ます調」と「である調」をなんとなく使い分けていたり、混在してしまったりしていると、書き手が伝えたいことが正しく伝わらないかもしれません。

書く内容や媒体によって、適した文体は異なります。

それぞれの文体が持つ特徴や読み手に与える印象を把握して、誰に向けた文章なのか、何を伝えたいのかを考慮して、適切な文体を用いましょう。

また2つの文体が混ざってしまっては、読み手に大きなストレスを与えてしまいます。さらには稚拙な文に感じられるため、文章の信憑性や説得力が欠けてしまいます。

ストレスや違和感を与えるような文章では、多くの人が読むことを止めてしまうでしょう。文章は読まれなければ意味がありません。

2つの文体を正しく使い分けて、しっかりと伝わる文章に仕上げましょう。

ページTOPへ