自費出版の風詠社 HOME → コラム → publishing-process

「本を出したい!」本を出版するための手順について解説します。

「本を出したい!」と考える人は、実は少なくありません。自分の思いや考えを誰かに伝えたい、自分の作品を見て欲しいという欲求が人間にあるためでしょう。

「でも、著名な作家や有名な俳人でもない限り、自分の本の出版なんて無理」と思うのはちょっと待ってください。自費出版という方法なら、低価格で自分の本を出版することができるのです。出版の基礎知識と、本を出版するための手順について解説します。

出版には2種類ある


ひとくちに出版といっても、「商業出版」と「自費出版」の2種類に大別され、
出版するまでの手順や出版できる本の内容に違いがあります。

商業出版


商業出版は、出版社が利益を出すことを目的として本を出版することです。
編集、印刷、出版、販売促進(営業)活動など、すべて出版社負担で行われるため、著者は費用を負担する必要がありません。

一方で、売れなければ出版社の利益が出ないので、本は売れる内容であることが求められます。そのため、自分が書きたい内容と一致しないことが多々あります。

自費出版


自費出版は、文字どおり著者みずからが費用を負担して本を出版することです。
自費出版には、編集やレイアウト、印刷出し、販売まですべて著者みずからが行う「自己完結型自費出版」と、編集から販売までを代行してもらう「代行型自費出版」があります。

いずれも少なくない費用がかかりますが、売れても売れなくても自己責任の範疇であるため、自分の書きたいものを自由に書いて出版できることがメリットです。

本を出版するための手順


商業出版と自費出版それぞれで、本を出版するための手順について見てみましょう。

商業出版


商業出版とは出版社が、出版に関係する費用を捻出し、書籍を出版する方法です。

出版企画書や原稿を持ち込む


商業出版をするには、出版社から「本を書いてくれませんか」と声がかかるか、自分で出版企画書や原稿を持ち込んで「出版してくれませんか」とお願いするかのいずれかが必要です。

前者は、ある程度著名な作家であるか、今の時代なら人気ブロガーなどでないと難しいでしょう。
後者の場合は、精力的に持ち込みを続ける努力が必要であるとともに、やはり売れる内容でなければ出版に至りません。

原稿の執筆


無事に企画が通れば、原稿執筆に進みます。担当の編集者がついて、内容についてアドバイスを受けながら仕上げていきます。
このとき重要となるのが、商業出版ならではの「売れる内容かどうか」という判断基準です。自分の書きたいように書けない理不尽さを感じるケースも多いでしょう。

編集・装丁


1冊の本となるためには、でき上がった原稿に対して、編集作業や装丁作業が必要です。著者の希望を反映してくれる場合もありますが、出版社にお任せとなる場合も多いようです。

出版・営業


無事、本が出版されれば、出版社は、書店に数多く並べてもらったり、広告を打ったりといった、本を売るための営業活動を精力的に行います。本が売れなければ出版社に利益が入ってこないため、当然といえば当然です。

著作権と印税


商業出版の場合、著作権は出版社に帰属します。
また、本が売れた場合、その3.4%~10%程度の印税(=著作権使用料)が著者に支払われます。

自費出版


自費出版は著者みずから出版費用を出し、出版する形式を指します。

自己完結型か代行型かを決める


自費出版の場合、すべて自分で行う自己完結型自費出版にするのか、代行型自費出版にするのかを、まず決める必要があります。

例えば、同人誌などであれば、印刷と製本だけを印刷会社に頼み、それ以外はすべて自分で行う自己完結型自費出版となるため、印刷会社だけを探しておけばよいでしょう。
一方、原稿は用意できるが表紙などは自分では対応できない場合や、一般の書店でも販売してみたいと考える場合は、代行型自費出版がおすすめです。

自費出版の代行業者を探す


ひとくちに代行業者といっても、代行してくれる業務や契約内容は千差万別です。
料金はもちろん、最低発行部数や委託販売代行の有無、営業活動の有無など、どのような業務を代行してくれるのかをきちんと確認しましょう。

また、在庫の保有期間や、保有期間後の在庫の扱い(買い取りか無料引き取りか)などについても確認することをおすすめします。

著作権と印税


自費出版では、著作権は著者にあります。そのため、本が売れた場合の売上高から諸費用を差し引いた金額が著者の利益となります。

この諸費用には、自費出版にかかった費用や書店への受託販売手数料などが含まれます。

風詠社では、私家本から本格出版、電子出版まで幅広く対応します


自分だけの本が知り合いの手にわたって読まれたり、書店に並べられたりするのは、感慨深いものです。
風詠社では、多くのみなさまに自費出版の感動を体験していただきたいと考えております。出版社だからこそできる丁寧な仕上げや本格的な出版を、大手より安い費用で実現します。

私家本はもとより、委託配本や注文配本で書店での販売も可能なほか、電子出版にも対応しているため、ご希望の出版がかないます。広告掲載などの販促活動も行いますので、ご自分の本が売れる喜びも感じていただけるでしょう。

ページTOPへ