自費出版の風詠社 HOME → コラム →
商業的な利益を目的とした企画出版

持ち込み企画や原稿が本になる

出版社で新しい本を作る場合、会議で編集者が企画を持ち寄って書籍や雑誌の記事を検討します。しかし、一部の出版社では、社外からの原稿や企画の持ち込みを……

自費出版で本を作るときの基礎知識

自費出版とは何か?

「自分の本を作りたい、出版したい」と考えたとき、主として3つの方法があります。 第1に、大手出版社などの新人賞に応募する方法です。多くの出版社は純文学……

企画出版について

企画出版とは

企画出版と聞いてどのような出版なのか分からない方もいるのではないでしょうか。たくさんの方が聞き慣れている

企画出版で思い出の一冊を

さまざまなメディアを使って広めることができる現代

毎日、いろいろなジャンルで、いろいろな人に向けて本は出版され続けています。どんなものがブームになるか、どんな本が人々の心を動か……

自費出版をする利点

自費出版をする利点

現在では商業出版が以前よりも振るわなくなってきましたが、その一方で自費出版が注目され始め……

自費出版の豆知識

自費出版をするメリットとは?

現在、商業出版が振るわない一方で、人気を集めてきているのが自費出版です。中には……

自費出版の著作権と出版権について
一般的に商業出版の場合には、作者(著作権者)が出版権(版権)を使用することを出版社に許諾し、その代わりに著作権使用料(印税)と呼ばれる使用料を出版社より得る形がとられています。通常、出版社と著作者が取……

自費出版で、出版社から著者に支払われる著作権使用料(印税)はいくらか
「夢の印税生活」という言葉を時折耳にすることがあります。商業出版として、本を出版すれば、通常、出版社から著者に、著作権使用料=印税として、発行部数などに応じて印税が支払われます。 定価1,500円の……

自費出版の流通
出版社を使わない自費出版は、原稿作成から、編集、販売などを自分で行う必要があります。印刷会社も自分で適当な会社を探す必要があります。 販売面では、書籍の委託販売とは
書籍の流通のほとんどは、出版社‐取次(出版販売会社)‐書店というルートを通ります。  トーハン、日販、大阪屋など、取次は、言うなれば書籍の問屋で、全国の書店は、この取次のいずれかと契約しています。書……

自費出版を行う方法とは
まずは出版の目的をはっきりとさせましょう。 それによって依頼する業者も違ってくるからです。 まず、市販を全く考えておらず、知人に配ったり、自分が調べたことの資料を残す意味で地元の図書館に寄贈し……

自費出版と商業出版の違い
書店に並べられている本には二つの種類があります。 まず、書店にもっとも多く存在しているのは、出版社が企画し、作家などに執筆依頼し、制作された商業出版(企画出版)の本です。 もう一つは

自費出版の相場とは
自費出版をするための相場がどれくらいなのか知りたいという人は多くいるでしょう。 まず出版業界の常識を把握しておく必要があります。 一般的な商業出版(企画出版)では、制作費の相場は30%と言われてい……

前へ 1 2 3
ページTOPへ